スティック,10個,日用品雑貨・文房具・手芸 , 手芸・クラフト・生地 , アクセサリークラフト材料 , アクセサリーパーツ , チャーム,チャーム,【,レトロ,パーツ,どろっとした、ゆがみシルエットが個性的で可愛い◎,54mm,アクセサリー,*,アンティーク,ビンテージ,アクセサリー,ハンドメイド,】棒,/acquirenda1372765.html,237円,ビーズ,シルバー,手作り,ゆがみ,チャーム,www.rei-music.info,ヴィンテージ,ネイティヴ,ピアス,アンティーク,*,辛口 スティック,10個,日用品雑貨・文房具・手芸 , 手芸・クラフト・生地 , アクセサリークラフト材料 , アクセサリーパーツ , チャーム,チャーム,【,レトロ,パーツ,どろっとした、ゆがみシルエットが個性的で可愛い◎,54mm,アクセサリー,*,アンティーク,ビンテージ,アクセサリー,ハンドメイド,】棒,/acquirenda1372765.html,237円,ビーズ,シルバー,手作り,ゆがみ,チャーム,www.rei-music.info,ヴィンテージ,ネイティヴ,ピアス,アンティーク,*,辛口 どろっとした ゆがみシルエットが個性的で可愛い 54mm ゆがみ スティック チャーム 10個 アンティーク シルバー 棒 辛口 レトロ ビーズ ビンテージ ピアス ネイティヴ 手作り ハンドメイド ヴィンテージ アクセサリー 安い パーツ 237円 どろっとした、ゆがみシルエットが個性的で可愛い◎ 【 54mm ゆがみ スティック チャーム * 10個 * アンティーク シルバー 】棒 辛口 ネイティヴ ハンドメイド パーツ ビーズ ヴィンテージ 手作り ビンテージ ピアス アクセサリー レトロ アクセサリー チャーム アンティーク 日用品雑貨・文房具・手芸 手芸・クラフト・生地 アクセサリークラフト材料 アクセサリーパーツ チャーム どろっとした ゆがみシルエットが個性的で可愛い 54mm ゆがみ スティック チャーム 10個 アンティーク シルバー 棒 辛口 レトロ ビーズ ビンテージ ピアス ネイティヴ 手作り ハンドメイド ヴィンテージ アクセサリー 安い パーツ 237円 どろっとした、ゆがみシルエットが個性的で可愛い◎ 【 54mm ゆがみ スティック チャーム * 10個 * アンティーク シルバー 】棒 辛口 ネイティヴ ハンドメイド パーツ ビーズ ヴィンテージ 手作り ビンテージ ピアス アクセサリー レトロ アクセサリー チャーム アンティーク 日用品雑貨・文房具・手芸 手芸・クラフト・生地 アクセサリークラフト材料 アクセサリーパーツ チャーム

どろっとした ゆがみシルエットが個性的で可愛い 54mm ゆがみ スティック チャーム 10個 アンティーク シルバー 棒 辛口 レトロ ビーズ ビンテージ ピアス ネイティヴ 今だけ限定15%OFFクーポン発行中 手作り ハンドメイド ヴィンテージ アクセサリー 安い パーツ

どろっとした、ゆがみシルエットが個性的で可愛い◎ 【 54mm ゆがみ スティック チャーム * 10個 * アンティーク シルバー 】棒 辛口 ネイティヴ ハンドメイド パーツ ビーズ ヴィンテージ 手作り ビンテージ ピアス アクセサリー レトロ アクセサリー チャーム アンティーク

237円

どろっとした、ゆがみシルエットが個性的で可愛い◎ 【 54mm ゆがみ スティック チャーム * 10個 * アンティーク シルバー 】棒 辛口 ネイティヴ ハンドメイド パーツ ビーズ ヴィンテージ 手作り ビンテージ ピアス アクセサリー レトロ アクセサリー チャーム アンティーク






商品情報
入り数・サイズ 10個
Size: 約 54mmx6mmx3mm,穴2mm
合金
注意事項 表面に色班や黒ずみがある場合がございます。

海外製品になりますので、歪みやカケ、バリ、色むらや点々等がある場合がございます。

良品とさせて頂きますので、予めご了承くださいませ。



作品例を掲載している場合、画像にある作品例のビーズは商品に含まれません。

金属アレルギーの方はご使用をお控えください。
配送方法 日本郵便メール便(ゆうパケッット)または、小型郵便(レターパックプラス)にて発送させて頂きます。

追跡可能です。



※郵便補償はついておりませんので、万が一郵便事故や紛失してしまった場合は、責任を負い兼ねます。

予めご了承ください。

領収書・明細書(納品書) ※領収証の発行は行いません。

振込明細、カード利用明細を領収証としてお使いください。



※環境保護活動の一環として明細書(納品書)の同梱を致しておりません。

当店からお送りする[注文確認メール]が明細書を兼ねさせていただきます。

どろっとした、ゆがみシルエットが個性的で可愛い◎ 【 54mm ゆがみ スティック チャーム * 10個 * アンティーク シルバー 】棒 辛口 ネイティヴ ハンドメイド パーツ ビーズ ヴィンテージ 手作り ビンテージ ピアス アクセサリー レトロ アクセサリー チャーム アンティーク

2021年11月23日 (火)

ハイテインクを偲んで ⑥ オペラ



グラインドボーン音楽祭のTOPは、このように美しい追悼ページになりました。

ハイティンクは、ロンドンフィルの首席指揮者だったので、おのずとグライドボーンのピットにも入るようになりました。
初登場は、1972年で、「後宮からの誘拐」で、以来毎年指揮するようになり、1978年には音楽監督となり88年までの任期をつとめました。
アーカイブを調べてみたら、1972年から1994年まで、20のオペラを指揮してます。
古い順に、「後宮、魔笛、レイクス・プログレス、ペレアスとメリザンド、ドン・ジョヴァンニ、コジ・ファン・トウッテ、フィデリオ、ばらの騎士、真夏の夜の夢、3つのオレンジの恋、イドメネオ、フィガロの結婚、アラベラ、カルメン、アルバート・ヘリング、シモン・ボッカネグラ、椿姫、カプリッチョ、ファルスタッフ」
これらのなかで、録音や映像作品で残されたものの多数あります。

グラインドボーンで上演し、同じ夏にPlomsでもコンサート形式で取り上げる。
このようにして、コンサートばかり指揮していたハイティンクは、一気にオペラのレパートリーを拡充することとなりました。
実績を積みつつあったハイティンクは、1977年には、コヴェントガーデン・ロイヤルオペラハウスにも登場します。

この1977年には、KBEを拝命しました。



コヴェントガーデン、ロイヤル・オペラ・ハウスの追悼SNS。

1987年まで、コリン・デイヴィスが16年の長きにわたり音楽監督を務めたロイヤル・オペラは、後任探しに躍起になっていた頃、待てよ、近くにいるじゃないか、マエストロが!、ということでハイティンクに白羽の矢が立って即就任。
1987~2002年の15年間の音楽監督としての任期。
その前も1977年から通算で27のオペラを指揮しました。
2002年、退任時にはCH勲章(コンパニオン・オブ・オーナー)を受勲。

ROHのアーカイブを調べてみたら、ちょっと驚きの演目もあるし、バレエも指揮してました。
77年の「ドン・ジョヴァンニ、ローエングリン、仮面舞踏会、ドン・カルロ、ピーター・グライムズ、アラベラ、ばらの騎士、フィガロの結婚、パルジファル、ラインの黄金、トロヴァトーレ、ワルキューレ、イーゴリ公、ジークフリート、神々の黄昏、影のない女、利口な女狐の物語、ニュルンベルクのマイスタージンガー、カーチャカヴァノヴァ、シモン・ボッカネグラ、真夏の結婚(ティペット)、修道院での婚約(プロコフィエフ)、ファルスタッフ、トリスタンとイゾルデ、スペードの女王、イエヌーファ」
バレエとしては、ストラヴィンスキー3大バレエ、ロミオとジュリエット
あと、ヴェルディのレクイエム、戦争レクイエム

モーツァルトが主体だったグライドボーンから、ROHに移ってからは、ワーグナーやシュトラウス、ヴェルディを広く取り上げるようになり、重要なレパートリーとしていきました。
リングは個別に、年度ごとにとりあげ、その後、リングサイクルを3度やってます。
ワーグナーでは、タンホイザーを指揮してないのが面白いところ。

ハイティンクは、ロイヤル・オペラでの活動で、「オペラもコンサートもこなせる指揮者という、私の理想としてきた音楽家の姿にやっと到達できたと思います。」と発言してます。

①モーツァルト



伝統あるグライドボーンのブリテッシュモーツァルトを引き継いだハイティンク。
ドン・ジョヴァンニ(1984)、フィガロとコジ(1987)、魔笛(1981)の4作のほかに、イドメネオも映像ではありますが、正規録音はされませんでした。
魔笛はバイエルンで、ダ・ポンテ三部作はロンドン・フィル。
グライドボーンでは、魔笛を3年ほど取り上げてますが、コヴェントガーデンでは指揮してません。
魔笛は録音の前後に集中して上演してます。
オケの魅力、ドリームキャストということも手伝って、ハイティンクのモーツァルトといえば、魔笛ということになってます。
ふくよか音楽造りが、ここではよくマッチしてるし、清潔感あふれる魔笛です。

しかし、ほんとうはダ・ポンテ三部作の方が素晴らしいと思ったりもしてます。
端正にすぎる音楽づくりが、面白みに欠け、愉悦感がないとの指摘もたしかにありますが、そこにこそ、ハイティンクの生真面目さがあっていいんだと思うのです。
モーツァルトの描いた人間ドラマがこうした静かな、あまり多くを語らない演奏から浮かび上がって来る。
歌手も含めてドン・ジョヴァンニが一番優れている。
ザルツブルクでは、ベルリンフィルやウィーンフィルとも、モーツァルトのオペラを指揮しているので、それらの音源化も期待したいところ。

②ワーグナー



ハイティンクの初ワーグナー指揮は、1977年のコヴェントガーデンにおける「ローエングリン」で、タイトルロールはルネ・コロです。
そして、パルジファル、リング、マイスタージンガー、トリスタンと順次取り上げましたが、オランダ人とタンホイザーは、そのアーカイブには見つかりませんでした。
タンホイザーは、バイエルンで録音しているので、オランダ人以外はすべて指揮していたことになります。
コンセルトヘボウのアーカイブで調べてもオランダ人は序曲のみ。
オランダ人であるハイティンクが、世界を股にかけて活躍していながら、さまよえるオランダ人を指揮しなかった、というのもなんやら意味深ではあります。

録音として残された最大の成果は、バイエルン放送響とのリングでしょう。
先の、オーケストラもオペラもこなせる指揮者、という発言は、コヴェントガーデンでもリングを通し上演し、ミュンヘンでも黄昏の録音を終えた頃のものですので、やはりリングの演奏を成し遂げたということは、大きな最後の一歩だったということがわかります。

ハイティンクは、こうも言ってます。
録音したリングは、全部通して聴いて欲しいと。
そう、4作のうち、どれが優れているか、あそこがいまいちとかでなく、4部作通して、ひとつの巨大な作品として聴くことにハイティンクのリングの意義があると思います。
ストーリーテーラ的なドラマ重視の演奏ではありません。
レヴァインのようにライトモティーフをそれらしくシネマチックの引き立てる演奏でもない、ベームのような劇場の熱気を感じさせるような演奏でもない、大歌手時代の巨大な録音芸術であるショルテイの壮大な演奏でもありませんし、ましてブーレーズの知的で青白いけど熱い演奏でもない・・・
緻密で室内楽的なカラヤンともちょっと違うが、でもカラヤンの目指したものにも近いかもしれない。
 ハイティンクのリングは、4部作をひとつの作品として大づかみにして、4作を個々の関連性をもとに解釈し、ワーグナーの音楽を徹底的に忠実に、完璧に磨き上げ再現することを目指したものと思う。
その完璧さは、面白くなさもはらんでますが、ドラマテックな演奏なら他にもたくさんある。

ワーグナーの刺激的でない演奏の仕方で、全体音色の暖かさあり、こうして磨きあげられた音はともかく美しい。
高性能だが常に有機的な響きを失わないオーケストラがあってこそ引き出せたものだと思う。
変な言い方だが、ブルックナーやマーラーの長大な作品を念入りに演奏するのと同じようにリングを指揮した感じだ。
 デッカの向こうをはって、レーベルとしての威信をかけたEMIのプロジェクト。
ミュンヘンの録音スタッフを使ったことが功を奏し、録音も素晴らしいが、効果音までデッカの真似をすべきでなかったとも思う。
黄昏の録音の様子をハイティンクがインタビューで語るのを読んだことがあるが、まるまる3週間、ミュンヘンにとどまりオケ、歌手ともども、ほかの用事に駆り出されることもなく集中できたらしい。
同じオケ、歌手、スタッフでやることができて、4作品のお互いの連鎖がしっかり伝えることができた、とも語ってました。

久方ぶりに、通しで聴きましたが、流れのなかで歌手の凸凹も目だってしまうことも。
以前は気にならなかったけど、エヴァ・マルトンのブリュンヒルデをずっと聴くことが辛かった・・・・



ハイティンクのワーグナーの正規盤は、タンホイザー@BRSO(85)、マイスタージンガー@ROH(97)、パルジファル@チューリヒ(07)の3作。
それこそシンフォニックなスタジオ録音のタンホイザーは、リングと同質の演奏だと思うけど、上演のライブであるマイスタージンガーとパルジファルは、劇場空間において、ハイティンクが感興にあふれた自在な指揮を行うこともわかる秀逸な演奏。
マイスタージンガーでは、後半に向かうにつれ、音楽が熱くなり、聴衆の興奮も極度に高まってます。
パルジファルでは、淡々としたなかにも、誠実な音楽造りが深遠な音楽へと結びついていて感動的。
両作品とも、コヴェントガーデンで何度も取り上げてます。
さらにロイヤルオペラを2002年のトリスタンを最期に、退任後はオペラはもう指揮しないかも・・・とされながら、2007年に、再登場してパルジファルを指揮して、さらに同年のチューリヒでの同作の上演となりました。
さらに、同年には、パリでペレアスも上演してます。
パルジファルとペレアスを2007年に取り上げたハイティンク、作品の本質をも見抜いていたと思います。

コヴェントガーデンのアーカイブには、ローエングリンとかトリスタンはないものだろうか・・・・

③R・シュトラウス



R・シュトラウスのオペラは、正規では、ダフネ@BRSO(82)、アラベラ@グラインドボーン(84)、ばらの騎士@SKD(90)の3作。
シュトラウスのオーケストラ作品の指揮を極めたハイティンクは、オペラでもシュトラウスを取り上げました。

ハイティンクの指揮したシュトラウスは、これら3作のほか、「影のない女」と「カプリッチョ」があります。
こうしてみてみると、サロメとエレクトラは指揮しておりませんで、刺激的な作品でなく、品格あふれる作品を好んで取り上げたことがわかります。
透明感あふれる地中海サウンドには、ちょっと重心の低い演奏のダフネだけれど、明るい機能的なオーケストラをえて、充実しきったシュトラウスの緻密な筆致と美しさをしっかり確認させてくれる演奏。

カプリッチョも聴いてみたい。
「影のない女」ROH(92)は、海外ネット配信を録音することができた。
歌手も粒そろいで、ハイティンク向きの魔笛のような御伽噺的なオペラだけに、スケール豊かに、そして愛情たっぷりに聴かせてくれる。
ここでもライブゆえに、後半に向かうほど、音楽は熱くなり、最期の皇后のシーンは極めて感動的。

④ブリテン



グラインドボーンの指揮者を務めると、ブリテンのオペラもおのずと指揮することになります。
ハイティンクのブリテンもいずれも素晴らしかったし、清潔な音楽の作り方がブリテンの知的な作品にもぴったりだった。

真夏の夜の夢@グラインドボーン(81)、アルバート・ヘリング@グラインドボーン(85)、ピーター・グライムズ@ROH(92)の3作。
ほかのオペラは指揮していないようです。
3つとも作品ともに大好きなのですが、なかでも真夏の夜は、ピーター・ホールの描いたシェイクスピア的な世界に、ハイティンクの生真面目な音楽造りがとてもマッチしていて、ユーモアよりも幽玄さを感じさせる点でも、作品の幻想的な側面をよく捉えていて秀逸だと思います。
上質な笑いと皮肉の世界を描いたアルバート・ヘリング、シリアスな内容をシンフォニックに捉え、充実の間奏曲でもってつむいだピーター・グライムズ。

ブリテン以外にも、ハイティンクは近代オペラをかなり指揮してます。
ヤナーチェク、ストラヴィンスキー、プロコフィエフ、ティペットなどなど。
もっと聴いてみたいですね。

⑤ヴェルディ



ヴェルディも生真面目なハイティンク向きのオペラだったと思います。
ただ、正規には、ファルスタッフ‘@グラインドボーン、ROH(88,99)、ドン・カルロ@ROH(85、96)の2作品のみ。
わたしは、ファルスタッフは未視聴で、ドン・カルロのCDのみ。
85年の映像作品は、何故か偶然、ジュネーヴのホテルのテレビで見ました。
ふたつのドン・カルロは、いずれも5幕版によるもので、情熱的な歌は少なめなれど、気品あふれる上質な音楽造りは安心して聴けるもの。
でも、ワーグナーとヴェルディは違う。
ここで、こうもっと・・・と思うシーンもある。
しかし、そこがまたハイティンクらしいところ、弦を中心に、低音をベースにした音たちの重なり合うオーケストラの充実ぶりがヴェルディにおいて味わえるのも楽しいものです。
歌手たちにイタリア系の人がいないのも、このドン・カルロをユニークなものにしてます。

まだ聴いてない、ファルスタッフを今後視聴する楽しみがある。
ハイティンクの指揮したヴェルディは、レクイエム、トロヴァトーレ、椿姫、シモン・ボッカネグラ、仮面舞踏会。
なかでも、シモンは録音したがっていたようです。

ハイティンクのイタリア・オペラ、ロッシーニは自分には合わないとしてましたし、ほかのベルカント系は取りあげなかぅた。
プッチーニも指揮することのなかったハイティンクですが、とても好きな作曲家だし、蝶々夫人だけは取り上げてみたいと発言しておりました。

     -------------------------

オペラのハイティンク、高評価を得ることが少なかったですが、残された音源たちは、丁寧に作られた音楽優先の聞き飽きない演奏ばかり。
まだ聴いてないものもありますが、今後も折りに触れ聴いていきたいものです。

1ヶ月も続けたハイティンクの追悼特集。
このへんで終わりにしたいと思います。



コンセルトヘボウには半旗とハイティンク追悼の幕。

わたしには、やはりハイティンクはコンセルトヘボウ。
コンセルトヘボウは、ハイティンクであります。

真摯な音楽家だったハイティンク、どんなに巨匠として尊敬されても、最期まで謙虚な音楽づくりに徹した芸術家でした。

あらためまして、ありがとうハイティンクさん。
その魂が永遠に安らかならんこと、お祈りいたします。

| | コメント (3)

2021年11月14日 (日)

ハイティンクを偲んで ⑤ SKD、CSO、BRSO、LSO



ドレスデン・シュターツカペレのホームページのハイティンク追悼サイト。

2001年1月のシノーポリの急逝を受けて、オーケストラからの熱いコールを受けて首席指揮者に就任。

このときのハイティンクの言動が、いかにもハイティンクらしい。

シノーポリが亡くなり、その年のコンサートの予定が一挙に指揮者不在のものとなってしまった。
楽団の指揮者・コンサート担当の長は、ハイティンクに書面でいくつかの演奏会の依頼をした。
ハイティンクは、オーケストラが大変なことに陥っていることを知り、長年の付き合いもあったので快く引き受けた。
そうしたら、もう少しお願いできませんか?という依頼がさらにきて、もう少しならということで引き受けて、それらの演奏会を終了した。
そのとき、オーケストラには父親が必要です、あなたになっていただけませんか?という依頼が今度はきた。
ハイティンクは父親というには、歳をとりすぎているお爺さんですよ、それでよかれば引き受けますよ、と謙虚に話した。
ただし、冠はいらないので、「指揮者」ということでお願いしますとハイティンクは念を押した。
しかし、最終的には「首席指揮者」となったんだ、と話している。
2~3年の任期で、オーケストラが次の首席指揮者を見つけるまで、という橋渡しとして、という言葉も残している。

こうした謙虚な姿勢が、各オーケストラから愛され、乞われる存在になったんだと思います。



  ブラームス   交響曲第1番

  ブルックナー  交響曲第6番

    (2002.9、2003.11、@ゼンパー・オーパー、ドレスデン)

ブラームスの1番が、ブラームス1番らしく聴かれた堂々たる演奏。
2006年にこのCDを開封して聴いて、すぐに記事にした自分のblogが懐かしい。
ブラームスもいいが、ウェーバーのオベロン序曲もロマンあふれる素晴らしさだ。

ブルックナーは8番もこのコンビは残してくれたが、ここでは、爽快でありながら、後期の作品へのそれこそ橋渡し以上の存在であることをわからせてくれる6番をあげたい。
バイエルン放送響を指揮した80年ごろのエアチェック音源が、この曲の良さをわからせてくれた明るい演奏でもあったように記憶する。

R・シュトラウスも残して欲しかったものです。
オペラでは、「ばらの騎士」と「フィデリオ」のふたつ。
ゼンパーオーパーでオケピットには立たなかったのでしょうか。
オケとオペラのアーカイブは調べられませんでした。



 2004年の来日公演で、ブルックナーの8番を聴くことができました。
このときのプログラムは、「ジュピター」と「英雄の生涯」、ウェーベルン「パッサカリア」とハイドン86番にブラームス1番。
そしてブルックナーでした。

当時はまだblogを始めてなかったので、そのときの備忘録から。

「演奏はもうまったくのすばらしさで、表現の言葉を知りません。
オーケストラのまろやかな響きに身を任せているとドイツの森に抱かれているかのような気持ちでした。
ことにホルンを始めとする金管はどんなに強奏しても、美しく鳴り響きます。
静寂のサントリーホールに響き渡るドイツの深遠な音をご想像ください。涙が出ました。
ハイティンクはオーケストラのメンバーが去った後も、聴衆のさかんな拍手にひとり何度か登場し、最後はスコアを閉じ、閉じたスコアを高く掲げました。
人柄がにじみ出た、実にいい光景でした。 感動です。」(2004年5月21日 サントリーホール)

ずっと心に残しておきたい、大切な体験でした。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



シカゴ交響楽団のホームページの追悼記事より

ハイティンクのシカゴ登場は、1976年で、そのときの曲目は、ショスタコーヴィチの4番!
ショスタコーヴィチの全集に取り掛かるころの、いかにもハイティンクらしい演目。
いらい、ずっと客演を続けていた。

ドレスデンのときと同じように、シカゴでも正規に音楽監督が決まるまでの中継ぎ的な存在として首席指揮者となりました。
バレンボイムがごたごたした感じで退任し、そのあとが決まらず、首席客演としてブーレーズが活躍。
そして2006年に、ハイティンクを首席に、ブーレーズを名誉指揮者として、次の音楽監督が決定するまでの間の暫定政権が決定。
音楽監督的な立場になると、オーケストラの運営面、指揮者選択など、指揮活動以外の多くの業務が課せられることを、コンセルトヘボウでさんざん体感してきたハイティンクは、ましてアメリカでのことなので、プリンシパルとして年に6~7週シカゴに行くという内容になりました。

それでも、このコンビはこれまた相性もよく、同じころに発足したオーケストラの独自レーベルからのCDがいずれも高音質・最高水準の演奏ということで絶賛続きでありました。
ワタクシも、ほぼ全部揃えました。
ブルックナー7番、マーラー1、2、3、6番、ショスタコーヴィチ4番、英雄の生涯、ダフニス。



  マーラー   交響曲第3番

      Ms:ミシェル・デ・ヤング

  ショスタコーヴィチ 交響曲第4番

     (2006.10、2007.10 @オーケストラホール、シカゴ)

このブログでもベタほめした2枚。
ともにオーケストラの超優秀さと、ハイティンクの悠揚たる巨視的な指揮。
101分たっぷり使ったマーラーは、少しもだれることなく隅々まで丁寧な仕上がりで、柔和なマーラーは3番のイメージにぴったり。
それと6番は、より剛毅な演奏である。

ショスタコの4番のハイティンクの再録音。
楽譜の忠実な再現ではあるが、そこは円熟のハイティンクと最強のシカゴで、音の彫りは深くなり、とりとめない構成が、立派な骨組みの大交響曲となって響く。
ハイティンクは4番が得意で、ベルリンフィルとのライブもCD化して欲しいと思う。



2009年に来日したハイティンクとシカゴ響。
マーラーの6番と、英雄の生涯のふたつの演奏会を聴きました。

演目は、ドレスデンの時と同じ「ジュピター」と「英雄の生涯」、ハイドン「時計」とブルックナー7番、そしてマーラー。
ショルティとシカゴのマーラー5番を文化会館で聴いたときもぶったまげましたが、このときのマーラーはもっとぶっ飛びました。
サントリーホールで、最前列のチェロの下、ハイティンクは斜め左にすぐの指揮台に。
詳細は、そのときのブログを確認ください。
チェロばっかりで、ほかの楽器がうまく聴こえないのではないかと不安でしたが、そんなことはまったくなく、見事にブレンドされた素晴らしいマーラーサウンドで、下から見上げると、ときおりオケを睥睨するハイテインクの眼力をも確認することができました。
圧倒的な音塊の連続とそのピラミッド感。細部が緻密なまでに完璧で、リズムの刻みが100人のメンバーの隅々にまで行き渡って完璧なまでに縦線がそろっている。じわじわと盛り上がりつつ、とてつもないクライマックスを築きあげる。
いったい、どこが最高潮のクライマックスなのだろうか? (ブログより)

ふっくらと柔和な、微笑みさえ覚えるような素敵なモーツァルト。
もっと、ゴリゴリした巨大な演奏になるかと思ったらまったく違った、清冽で清らかなジュピター。
年輪を重ねた音楽家の紡ぐ人生譚に、尊敬の念の眼差しを持ったシカゴの猛者たちが心服しつつ演奏しているのもわかった。
英雄の生涯もスペクトル感もありつつ、曲の後半訪れる人生の夕映えのようなシーンに感動がとまらなかった。
曲を終えて、静寂のなか、ハイティンクはさりげなくタクトを降ろし、指揮台に指揮棒を置いた。
そのコトリという音さえも、静寂のホールに響いた。

マーラーの6番は、アバドとルツェルン祝祭管で、人生最大級の感動を。
このハイテインクで、ずっと追い続けた演奏家の円熟の極み、そしてスーパーオケの力を。
聖響&神奈フィルで、震災翌日の異様なテンションのなかで・・・
いずれも壮絶な思いでとなる体験をしてます。
もう演奏会では聴かないかも・・・・・

シカゴ交響楽団は、演奏会アーカイブもしっかりしていて、そのいくつかはネットでも公開されてます。
いつかそこから正規音源が出ることも期待されます。

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



バイエルン放送交響楽団もハイティンクと馴染み深いオーケストラでした。

コンセルトハボウと指揮者のつながりもあって、なんだか姉妹関係にあるように思ったりもしてます。
ヨッフムとヤンソンスはともに首席指揮者だったし、コリン・デイヴィスもコンセルトハボウをよく指揮してました。
ハイテインクがいつ頃からバイエルンを指揮し始めたか、記録がなくて今回はわかりませんでしたが、70年代初め頃だろうと思います。

上のほうでも書きましたが、バイエルン放送局ということもあり、その演奏会はよくNHKで放送されていたので、ハイティンクとのコンビはいくつか聴いた覚えもあるし、ブルックナーの6番もカセットテープで残ってます。



正規の録音は、1981年の「魔笛」が初(たぶん)で、グライドボーンでロンドンフィルとダ・ポンテ三部作をEMIに録音した後に「魔笛」ではバイエルンを起用したものです。
グライドボーンでもpromsでも「魔笛」は指揮してますので、LPOやコヴェントガーデンでなかったのは、綺羅星のスター歌手を集めやすかったのがミュンヘンだったということもあるんでしょう。
結果は上々、ハイティンクのつくりだす、ふくよかなモーツァルトは、オーケストラの暖かな音色も加えて上質の魔笛となりました。
バイエルンとは、このあとオペラの録音が続きまして、「ダフネ」(82年)、「タンホイザー」(85年)、「ニーベルングの指環」(88~91)という、いまとなっては貴重な成果が残されました。
EMIには、もっと頑張ってもらって、ワーグナーとシュトラウスのほかの諸オペラを録音して欲しかったものです。



  ブラームス アルト・ラプソディ、埋葬の歌
        運命の女神の歌、哀悼の歌

    A:アルフレータ・ホジソン

      バイエルン放送合唱団

           (1981.11 @ヘラクレスザール、ミュンヘン)

  ベートーヴェン 交響曲第9番

    S:サリー・マシューズ Ms:ゲルヒルト・ロンベルガー
    T:マーク・パドモア  Br:ジェラルド・フィンリー

      バイエルン放送合唱団

         (2019.2.23 @ガスタイクホール、ミュンヘン)

ハイティンクとバイエルン、初期の録音、ブラームスの声楽作品集は、その渋いこと渋いこと。
いぶし銀の音楽であり、その演奏は、まろやかな円熟味をおびた心に優しく響く演奏。
ボストン響との再録音もあり、そちらと聴き比べるのもよい。
しかし、哀しくもなる、儚くもなる、しんみりしてしまうほどに沁みる。。。。

指揮者引退の年の第9。
ゆったりとしたテンポを取りつつも、大きな歩みで風格ただよう名演。
ソロも素晴らしく、彼らも合唱もオケも、動きの少ないハイテインクの指揮棒と眼差しに集中している(映像で視聴済み)。
3楽章の澄み切った演奏には泣ける。
終楽章、なにも華やかでなく、淡々としつつも堂々たる終結。
拍手は起こらない。
こんな静寂の第9のエンディングがあるとは。



観客はスタンディングオベーションでハイテインクを讃える。
このあと2019年4月にルツェルンで、ブルックナーの6番を指揮して、バイエルン放送響とはお別れということになりました。



   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ロンドン交響楽団との共演はそんなに昔でなく、1989年。

ブラームスやベートーヴェンのチクルスを演奏会で行い、同時に自社LSOレーベルからも次々に発売し、ハイティンクがロンドンに居宅を構えるのも幸いして、急速に親密になっていきました。
もともとロンドン・フィルと長く関係を築き上げましたが、ロンドン響とも強く結びつきました。

ちなみに、ハイテインクはpromsには、1966年にデビューしてますが、そのときの曲目がブルックナーの7番、オーケストラはBBC交響楽団です。
以来、毎年のように招かれ、ときにコンセルトハボウやウィーンフィル、ヨーロッパ室内管などと客演してますが、ロンドンのオーケストラとは、先のBBC、ロンドンフィル、フィルハーモニア、コヴェントガーデン、ずっとあとにロンドン響という具合に、ロイヤルフィル以外は全部指揮しております。

残念ながらLSOレーベルのハイティンクのCDは、ブラームスの一部しかもってません。
なぜかって、理由はありませんが、CD購入欲が低迷していた時期だからだと思います。



   ブラームス 交響曲第1番、2番

     (2003.5 @バービカン、ロンドン)

ハイティンク3度目のブラームス全集。
しかしながら、1番と2番しかもってません。
ここに聴く演奏は、若々しさと、一筆書きのような自在さと柔軟さ。
ライブならではの勢いもあって、あの落ち着き払っていた渋めのボストン響との演奏よりも力強い。
きっと、ベートーヴェンのその延長にあるような同時期の録音だと思います。
 LSOとは、ほかにブルックナー4番、9番、アルプス交響曲などがありますので、これからゆっくり聴いていきたいと思います。
2015年のこのコンビの来日も、行こうと思いつつも行けなかった・・・・

ネットでは、ロンドン響のアーカイブがたくさん公開されてます。
手持ちの音源は、マーラーの3,4,9番、ブルックナー4番(2種)、ショスタコ8番などがあります。

引退の年の2019年3月、ハイティンク90歳の記念演奏会も録音できました。
プログラムは、フェルナーのピアノでモーツァルトの22番と、ブルックナー4番。
1965年のコンセルトハボウとの録音から54年という半世紀超。
年月の積み重ねは、演奏時間では一面的ですが、63分から73分という長さにも見て取れるが、老成することの美しさも感じるし、2019年の一連の演奏の数々は、引退を決意したハイティンクの夕映えのような静かな美しさもあるように思う。

2019.2月 BRSO 第9、3月 LSO ブルックナー4番、4月 BRSO ブルックナー6番
5月 BPO ブルックナー7番、6月 オランダ放送フィル ブルックナー7番
8月30日ザルツブルク、9月6日Ploms、9月6日ルツェルン、VPO ブルックナー7番
もう少しあるかもしれませんが、2019年のハイティンクです。



ロンドン響との最後の演奏会。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長い企画となりました、オペラ編を最後に残して、他の共演オーケストラを端折って書きます。

・オランダ放送フィルハーモニー

  ハイテインクの指揮デビューと初ポストのオケ
  ファウストの劫罰が突如発売され驚いたものだ
  面白味は少ないが、真摯なベルリオーズが聴ける。
  引退の年、こちらにも客演してブルックナー7番を指揮  

・フィルハーモニア管弦楽団

  エルガーの2曲と、ウォルトンの交響曲第1番
  アシュケナージとのラフマニの一部

・フランス国立管弦楽団

  最初はパリ管、そのあとはフランス国立菅を多く指揮するようになりました
  マーラーの5番、6番のCD。
  ネットでも動画含めたくさんあります。

・ニューヨーク・フィルハーモニック

  正規音源はありませんが、1976年から2016年まで32回客演。
  いまは有料化してしまいましたが、フリーで解放していたライブ音源。
  マーラー9番とドンキホーテを録音できました。
  2016年のそのマーラーがなかなかのものです。
  コンセルトハボウともに、マーラーと所縁のあるNYPO
  こちらも正規音源化を期待

・ECユースオケ、ヨーロッパ室内管、ルツェルン祝祭管、モーツァルト管

  クラウディオ・アバドの創設した若いオケだったり、スーパーオケ。
  アバドとともに支え、またアバド亡きあとを支え、
  楽団を救ったのがハイティンク。
  いつも世界のオーケストラの急場を救うハイティンクでした。
  人柄ですね。



  所蔵音源としては、ヨーロッパ室内管とのブラームス4番
  ファウストとベルクのヴァイオリン協奏曲。
  あとなんたって、ルツェルンとのブルックナー8番はお宝です。



2019年9月6日、ウィーンフィルとのルツェルンでの最後の演奏会。

あと1稿、ハイティンク追悼、オペラ編で終わります。

| | コメント (0)

2021年11月10日 (水)

ハイティンクを偲んで ④ VPO、BPO、BSO



ハイティンク最後の指揮は、2019年9月6日。
ルツェルン音楽祭で、ウィーンフィルとベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番(アックス)とブルックナーの7番。

ウィーンフィルとの付き合いも長く、1972年2月が初回で、そのときもメインはブルックナーの5番。
ウィーンフィルのアーカイブを見ると、ハイティンクは111回のコンサートを指揮しております。

ウィーンフィルのもつ柔らかい暖色系の音色は、コンセルトヘボウで育ったふくよかハイティンクの音楽造りと相性は抜群だった。

このコンビの初録音は、幻想交響曲で、こちらは1979年4月のデッカへの録音でアナログ末期。



オーケストラの個性を優先し、そこに乗りつつも、重心の低いがっちりした枠組をつくりあげ、柔らかな弦主体の歌心をその上に載せる。
そんなハイティンクの個性が、優美なウィーンフィルと見事に結びついた「幻想」。
ウィンナワルツのような2楽章、ウィーンの管の音色の素晴らしさ満載で、かつ弦楽器の延々と続く伸びやかな歌が素適な3楽章が、時を重ねた自分にはしっくりくる音楽と感じる。



  ブラームス ドイツ・レクイエム

    S:グンドゥラ・ヤノヴィッツ

    Br:トム・クラウセ

       (1980.3 @ムジークフェライン)

これぞ、ハイティンクの追悼に、そして、ハイティンクとウィーンフィルのコンビの美点がたくさんつまった演奏。
同じウィーンフィルでもカラヤンの何度目かの演奏などは、耽美的にすぎて怖いものがあるが、ハイティンクの指揮は美的な造形などには目もくれずに、ブラームスの音楽そのものをじっくり、純音楽的に
音にしてみせた。
そこに構えの大きさと、指揮者とオーケストラ相互の信頼感も加わり、なんとも大人の演奏に感じる。
オーケストラと合唱のバランスと音の溶けあいもすばらしく、オペラでも場を重ねた成果が出ているんだと思う。
2枚組のレコードで発売されたとき、「運命の歌」とカップリングされていたが、CD化ではそれがなくて、聴いてみたいと思ってる。
このレコードは、評論家諸氏に絶賛され、このあたりからハイティンクの評価が高まったが、ワタクシは違いますぜ、とあの頃ずっと思ってた。



  ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」

       (1985.2 @ムジークフェライン)

ウィーンフィルとのブルックナー全曲録音に挑んだハイティンク。
最初は4番で、ベームに続いて、4番をウィーンフィルの音色で聴ける幸せを味わったものだ。
コンセルトハボウとの若き日の演奏と比べたら、ゆったりとした大河のごとく、大らかな演奏となっていて、曲の最大公約数的なものもぃsつかりつかんでいて、安定感抜群。
厳しさや、透徹感は弱めだけれど、ムジークフェラインで聴くがごとく、自分の部屋でゆったりと、橙色に暮れていく夕空を見ながら聴くと遥かなるヨーロッパが見えてくる・・・・
 ハイティンクとウィーンフィルのブルックナーは、3,4,5,8番で打ち止めとなりました。
ベルリンフィルとのマーラーも同じ憂き目にあい、その後、フィリップスレーベルはユニバーサルミュージックの一部となり、やがてデッカ傘下となって、レーベルも終了してしまった・・・・・

ハイティンクのフィリップスレーベルへの録音のジャケットにデッカマークは似合いません・・・・・
今後は、ウィーンフィルのライブ音源の掘り起こしに期待。

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ウィーンと同様、ベルリンフィルでも長く指揮台に招かれ続けたのがハイティンク。
ウィーンよりも早く、1964年にデビューし、ウィーンフィル以上の200回以上のコンサートを指揮してます。
ウィーンフィルとブルックナーの7番を最後に指揮したように、ベルリンフィルとも2019年5月に同じ曲を指揮しまして、これがベルリンフィルとの最後の演奏会。

カラヤンが他の指揮者の客演も監視してたし(たぶん)、録音なんてできなかったし、レーベルの垣根もあった。
ゆえに、ハイティンクとベルリンフィルの録音はずっと後になって実現し、1987年から始まったマーラーチクルスで、1番が最初。
喜び勇んで即購入し、まず、フィリップス録音で聴く鮮やかな音に驚いたものだ。
DGが、マスとしての音塊をまずとらえるような音だったの対し、フィリップスは音の広がりを巧みに捉えたもので、ともにフィルハーモニーザールの見事な音響を再現したものと感じた。
そして、ハイティンクの指揮の意外なほどの若々しさは、同時期のアバドの手垢のつかない無垢なマーラーとも違う大人の演奏にも感じ、変なたとえだけど、色でいえば、「青」、ブルーを感じたものだ。
いま、聴きなおしても、そうしたイメージは変わらない。



  マーラー 交響曲第1番「巨人」、第5番

      (1987.4、88.5 @フィルハーモニー)

5番の音楽としての素晴らしさをこの演奏で体感しました。
同時にオーケストラの優秀さと、ハイティンクの指揮へのリスペクトも強く感じる演奏。

1989年7月にカラヤンは亡くなり、その年の10月に、オーケストラ楽員による芸術監督選抜の総選挙がありました。
以前、アバド追悼の記事で詳細を書きましたので、抜粋して引用します。

予備選で選択された指揮者が13人
 「アバド、バレンボイム、バーンスタイン、ハイティンク、ヤンソンス
     クライバー、
クーベリック、レヴァイン、メータ、ムーティ
   小澤、ラトル」
(abc順)

・13人を8人に絞り込む投票を行う。
 「バーンスタイン、ハイティンク、クライバー、レヴァイン
   マゼール、ムーティ、メータ、ラトル」


  この時点で、アバドはもれています・・・・

・受諾の意思なしの「バーンスタイン、クライバー、メータ」除外

辞退者が出た場合は、最初の選出者を再度交えて投票とのルール!
 この10人の指揮者に対して、楽員たちが、その思うところを、推薦演説。

・再度の投票で選択された6人
 「アバド、ハイティンク、レヴァイン、マゼール、ムーティ、ラトル」
 ここで、いままで後手に回っていた、アバドを押す声が次々に高まる。

・2回目選出投票で3人
 「アバド、ハイティンク、マゼール」

・3回目選出投票で2人
 「アバド、ハイティンク」

・最終投票→打診→OK 「アバド」に決定

こうして、ハイティンクはカラヤンのあとのベルリンフィルの指揮者になる最終候補者でした。
アバドもハイティンクも大好きな指揮者だったので、わたしにとっては結果オーライ。
これほどまでに、ハイティンクは楽員から大きく評価され、愛されていました。

ちなみに、ベルリンフィルの指揮者が決まったその翌月、1989年11月9日には、ベルリンの壁が崩壊しました。
日本でも、この年は昭和天皇が崩御され、平成が始まり、ついでに消費税も始まった年でした。
ついでに、わたしも結婚した年で、初の欧州旅行にまいりした。
世界も日本も、自分もターニングポイントの年です。



 ハイティンクは、その後、ベルリンフィルの名誉団員となりました。
しかし、ベルリンフィルとのマーラーは、1993年の「復活」を最後に、1~7番までで途絶えることとなりました。
ウィーンフィルの稿でも書いたとおりです。

このコンビは、あとはストラヴィンスキーの3大バレエ(未聴)と、EMIへの「青髭公の城」、自主レーベルでの、ブルックナー4,5番、マーラー9番、映像でのヨーロッパコンサートなどになります。
こちらも、ふんだんにあるアーカイブから正規音源化を期待しておきます。

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ボストン交響楽団の追悼SNS。
ネルソンスの哀悼の言葉もつづられていました。

ボストン響への登場は1971年2月で、メインは「英雄の生涯」。
2018年5月の客演(ブラームス2番まで、289回も指揮台に立ってます。
1995年からは首席客演指揮者、2004年には名誉指揮者となりました。

コンセルトヘボウとロンドンフィルを除くと、一番結びつきの強いオーケストラだったといえます。
ヨーロッパのオケに近い音色を持ち、RCAレーベル専属から脱し、DGやフィリップスが録音を始めたことあたりも、ハイティンクが常連指揮者になっていった要員だと思います。
さらに小澤征爾にはない、ドイツ的なものも求められたのではないかと。

しかしながら、正規録音が少ないのが残念です。
ブラームスの交響曲とピアノ協奏曲、ラヴェルの管弦楽曲集のふたつの全集しかないものですから。
R・シュトラウスやチャイコフスキー、ドビュッシーも録音して欲しかったものです。
とかいいながら、そのラヴェルはまだ全部聴けてませんので、今後の自分のお楽しみです。



  ブラームス 交響曲第4番

     (1992.4 @ボストン・シンフォニーホール)

馥郁たる、香り高いブラームス全集(90~94年録音)となったなかでも、落ち着いた古雅な雰囲気に満ち満ちている4番の演奏が好き。
ボストン響の響きと、各奏者たちのソロにおける腕前など、コンセルトハボウとはまた違ったオーケストラの個性を引き出していると思う。
ついでにまたもやここで、フィリップスのボストンシンフォニーホールの音を的確にとらえた録音の素晴らしさも讃えたい。
ウィーン、ベルリン、ボストンと録音にも恵まれたハイティンクの名盤たち、これからも大切に聴いていきたいし、まだ聴いてない音源を集める楽しみも残されてます。

HIRYUの原料糖(さとうきび糖) 500g×5袋 無精製の生砂糖 ミネラル豊富で低GI値 酸化している体を還元

長い企画となってしまいましたハイティンク追悼シリーズ。

いかに世界のオーケストラに愛されていたか、あと数回書きますので、しばしおつきあいください。

| | コメント (2)

2021年11月 3日 (水)

ベルナルト・ハイティンクを偲んで ③ LPO



ハイティンクは、コンセルトヘボウと兼務して、1967年から1979年まで、ロンドン・フィルハーモニーの首席指揮者をつとめました。
ロンドンのオケのなかで、一番オペラを演奏していたロンドンフィルが、オケピットにはいるグライドボーン音楽祭の音楽監督を、それと並行するように、1977年から1988年まで掛け持ちましたので、ロンドンフィルとの蜜月は1988年までと言えるでしょう。

ビーチャムが創設し、ボールト、スタインバーグ、プリッチャードと経てきた、この英国的なノーブルなオーケストラを、オランダ出身のハイティンクが受け継ぎ、フィリップスレーベルへの録音も本格化した。
コンセルトヘボウでのレパートリーをそのままロンドンフィルでも演奏し、レコーディングでは、本格交響曲をコンセルトヘボウで、管弦楽曲をロンドンフィルで、というような振り分けだった。
しかし、ロンドンフィルとの関係も密になるにつけ、コンサートと並行して、交響曲、そしてグライドボーンでのオペラを録音するようになり、そのレパートリーも格段に広くなった。

アムステルダムとロンドンを往復するハイティンク、たしかレコ芸の記事だったか、ハイティンクの二都物語とされるようになりました。

ロンドンのオーケストラは、英国音楽ファンでもあるので、いずれも好きですが、ロンドンフィルはハイティンクのおかげもあって、一時、一番好きなロンドンオケでありました。
実際、ハイティンク時代がこのオーケストラの黄金期かと思います。
70年代後半、このオーケストラは、各レーベルでひっぱりだこで、ヨッフム、のちに首席となるショルティとテンシュテット、ジュリーニ、ロストロポーヴィチ、サヴァリッシュらとたくさんの録音を残してます。
コンセルトヘボウと同じくらいにロンドンフィルを愛したハイティンクの思い出の音源を以下羅列します。



  リスト 交響詩 全集

    (1969~71年 @ロンドン)

レコード時代に「前奏曲」の入った1枚を、CD時代にはWシリーズの2巻、すなわち4枚のCDにわたるリストの交響詩全曲の初録音です。
ブルックナーやマーラーの全曲録音をしつつ、リストの全集なんて、誰も手掛けなかったことをなしたハイティンク、そしてフィリップスレーベルのすごさ。
コンセルトヘボウでも聴いてみたかった感はありますが、ロンドンフィルのいくぶん、くすんだ響きが実に効果的に機能している。
有名な交響詩以外も、この演奏で聴くと、どこかで聴いたような懐かしさを覚える。
リストの曲って、ワーグナーとブルックナーの要素が満載なので、そんな気分になるのだろうか。
シンフォニックな硬いくらいの演奏で、しかも曲も演奏も渋いこと極まりないが、これがハイティンクとロンドンフィルの最初の頃の個性だったのかも。
大向こうをうならせるような仕掛けや、演出は一切なしで、楽譜の再現のみをそっけないくらいに高水準の演奏でもってやってみた感じ。
しかし、何度聴いても、覚えきれないリストの交響詩であります。
 ブレンデルとのピアノ協奏曲も、交響詩の余勢をかって録音されました。これも名演。
フィリップスレーベルのロンドンでの録音も重厚かつ明晰でよい。



   ホルスト 組曲「惑星」

         (1970.3 @ウェンブリー、タウンホール ロンドン)

     R・コルサコフ 交響組曲「シェヘラザード」

        Vn:ロドニー・フレンド

       (1972.1 @ウォルサムストウ、ロンドン)

管弦楽曲の名曲ふたつ。

ロンドンフィルの十八番に乗ったかたちで、ハイティンクの惑星。
オーケストラピースとしての面白さゼロ、惑星ブームは、こののちにメータの録音でやってくるが、その前のハイティンクは重厚な造りで、格調高く、紳士的な英国音楽としての尊厳を持って指揮しているようだ。
惑星ごとの標題的な演奏ぶりでないので、木星のあの有名になったフレーズもいがいにあっさり。
火星の攻撃性も少なめだけど、オルガンがどっしりとなるのは、このハイティンク盤が随一かも。
そして、歳を経て、金星の抒情の煌めき、土星の憂鬱さと暗澹さのなかにある深刻さ、このあたりがハイテインク盤は実にいいと思うようになった。

シェエラザード、こちらもストーリーテラー的な面白い、絢爛豪華な演奏じゃない。(過去blogより転載)
誠実に譜面どおりに音楽を再現してみせた結果が、落ち着いたたたずまいの、ノーブルかつ渋めの「シェエラザード」となりました。
ことに、第3曲「若い王子と王女」は、ロンドンフィルの弦の美しい響きをあらためて体感できる。
このときのコンサートマスター、ロドニー・フレンドのソロが、しとやかかつ繊細で美しいヴァイオリンを聴かせます。
フレンドさんは、のちにニューヨークフィルのコンサートマスターに引き抜かれますが、ロンドンフィルの黄金時代は、このフレンドがいたハイティンクの頃だと確信してます。

コンセルトヘボウでも聴きたかった「惑星」と「シェエラザード」



  ストラヴィンスキー 三大バレエ

     (1973 @ウォルサムストウ、ロンドン)

ハイティンクとロンドン・フィルの評価を確定付けた録音が、ストラヴィンスキーの3大バレエ。

ハイティンクの「ストラヴィンスキー三大バレエ」は、90年頃の、ベルリンフィルとのものは実は未聴。
レパートリーが広く、どんな曲でも器用にこなすことができるハイティンクにとって、ストラヴィンスキーは、若い時から、お手の物で、コンセルトヘボウでも、30代の若き「火の鳥」の組曲版が残されてます。
当時の手兵のひとつロンドンフィルとも絆が深くなり、こちらの演奏は、思わぬほどの若々しさと俊敏さにあふれ、ダイナミックで、表現力の幅が大きく、それでいて仕上がりの美しい、完璧な演奏になってます。
LPOのノーブルなサウンドは、コンセルトヘボウと同質な厚みと暖かさを持っていて、ハイティンクとの幸せなコンビの絶頂期と思わせます。
全体の色調は、渋色の暖色系。
品がよすぎると言われるかもしれないが、ハルサイなんて、暴れるとこは適度に荒れていて、リズム感も抜群であります。

英国・蘭国紳士がじっくりと誠実にハルサイに取組み、一筆書きのように見事な書体で聴くものをうならせてくれる演奏。
この演奏はマジで素晴らしいと思う!(過去記事より)



  エルガー エニグマ変奏曲

    (1973.5 @ロンドンたぶんウォルサムストウ)
    (1986.8   @ロイヤル・アルバートホール

こちらも、オケの十八番の作品。
44歳のハイティンクと57歳のハイティンク。
演奏時間も、30分と32分で、この差は恰幅のよさと、丁寧な歌いまわしの差に出ています。
旧盤は、コンセルトヘボウでとの「ドン・ファン」とのカップリングで、これが出た時、レコ芸では、ふたつのオケを振り分けた、ハイティンクの頭の良さが云々というような妙な評論でした。
むろん、推薦盤にはならず、準推薦で、手放しの評価でなかったです。
CD化されたときは、「英雄の生涯」との組み合わせで、こちらの方が曲のイメージにあった選曲だし、CDならではできたことですね。
ふたつのエニグマ、どちらも好きです。
より渋いのは旧盤のほうで、各変奏曲を特徴づけたり、イメージを際立たせることなく淡々としてますが、全体感で見て味わうと、一陣の風が爽やかに吹き抜けるような爽快な演奏に感じます。
新盤は、冒頭のテーマからして、よく歌わせていて、そっけない旧盤との違いは歴然で、ニムロッドのじわじわ感も新盤の方に軍配があがります。
でもホールの違いか、新盤の方が音が明るく、くすんだ雰囲気の旧盤の方も捨てがたい魅力を感じます。



  ベートーヴェン 交響曲全集

     (1974~76 @ワトフォード、タウンホール)

          ピアノ協奏曲全集

       Pf:アルフレート・ブレンデル

     (1975~77 @ウォルサムストウ)

そして出ました、ハイティンクとロンドン・フィルのひとつの完成形ともいえるベートーヴェン。
協奏曲も含めたベートーヴェンチクルスを演奏会で取り上げつつ録音。
ブレンデルのピアノともどもに、同質化した、いぶし銀的なベートーヴェン。
たっぷりとしたオーケストラの鳴らし方、コンセルトヘボウにも負けていない豊かさが、ロンドン・フィルにもあり、隅々までよく響いているし、音の立派さに圧倒される。
中庸の美も、ここに極まれりの感あり。
奇数番号も偶数も、どちらも自然で、ベートーヴェン演奏の理想的なものではないかと思うし、なによりも安心して聴ける。
コンセルトハボウとの再録とともに、大切なロンドン・フィル盤。
アラウ、ブレンデル、ペライア、シフと4人のピアニストたちとベートーヴェンを録音したハイティンク。
ほかのピアニストとの演奏、全部は聴いてませんが、交響曲の演奏と同じように堂々としつつ、リリシズムにもあふれたブレンデル盤が一番好き。



  メンデルスゾーン 交響曲第1、3、4、5番

       (1978~79 @ロンドン)

シャイーの2番「賛歌」以外のメンデルスゾーンを担当することとなったハイティンク。
これら4曲が、シャイーの勢いと早春賦が青臭く感じられてしまうほどだった大人の落ち着きあるメンデルスゾーンとなったハイティンク盤。
これらのメンデルスゾーンは、コンセルトヘボウじゃなくて、ロンドン・フィルであったことが、当時あたりまえに感じられたし、聴く側もロンドン・フィルであることを納得して聴いたものだった。
若々しい情熱ある1番、まさに、スコッチのいぶし銀3番、すこしもイタリアンじゃない堂々とした4番、ロマンとゴシック感あふれる正統派的、清らかな5番。
サヴァリッシュ、アバド、ともにメンデルスゾーンはイギリスのオーケストラだった。




  ショスタコーヴィチ 交響曲第1~4番、7、9、10、15番

そして、ショスタコーヴィチの交響曲全集を目指して最初の相手はロンドン・フィル。
LPOとは、1977年から1981年まで、その81年からはコンセルトヘボウにシフト。

シンフォニストとしてのショスタコーヴィチ、最初はマーラーの延長のようにして、ハイティンクの10番や4番、15番を聴いたものだ。
譜面の忠実な再現にこだわるという点で、最初はロンドン・フィルのニュートラルな音色がハイティンクのショスタコーヴィチには、結果的には必要だったのかも。
79年録音の7番「レニングラード」あたりからアクセルがかかり、あの1楽章の行進曲のような繰り返しが、ちっともこけおどし風にならず、堂々たる音楽となっていて、聴いた当時、しびれるような快感を覚えたものだ。
デジタル期に入っての1番と9番の、ふたつの小型シンフォニーでも、構えの大きな隙のない完璧な音楽づくりに、ショスタコーヴィチの若書きの作品が大人の作品に、諧謔の第9が8番と10番の間にある作品であって、強い意志を持った音楽であることを、それぞれに感じさせる演奏になった。
コンセルトハボウにチェンジしてからのハイティンクのショスタコーヴィチは、シリアスな作品が残されただけあって、オケの重厚さと濃密さが生かされた演奏になることとなった。
 あと、デッカでの録音はキングスウェイホールとなり、フィリップスレーベルの渋いサウンドから、ちょっと明るめのサウンドに変わった。



  ヴォーン・ウィリアムズ 交響曲全集

    (1984~2000 @アビーロードスタジオほか)

円熟のハイティンクにうってつけと思ってたV・ウィリアムズ。
今度はEMIレーベルに16年の年月をかけて録音してくれました。
もちろん、オーケストラはロンドン・フィル。
録音順は、最初は「南極」や「ロンドン」「海」など、標題的な交響曲から始まり、やがてRVWならではの、抒情と幽玄さあふれる作品や、不協和音の横溢する戦時を意識した作品、そしてペンタトニックなムードあふれる曲をとりあげ、ついに多彩な交響曲9曲を完成させました。
弦主体に重厚な音の重なり合い、そこにふくよかな響きと、指揮者とオケの持ち味である渋い色調をのせた理想的なRVW。
今回、抒情的な3番(パストラル)と5番を聴いて、じんわりと感動が高まり、ハイティンクがもうこの世にいないと思ったら泣けてきた。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



  モーツァルト ダ・ポンテ三部作(1984~87録音)

グライドボーン音楽祭の音楽監督に並行して就任したハイティンクは、これまでのオペラ経験の不足を一気に解消すべく、ここで幅広いレパートリーをこなして、急速にオペラ指揮者としても大きな存在となりました。
その中核はモーツァルトで、3部作と魔笛は繰り返し取り上げ、同時にPromsでも何度もコンサート形式で上演。
EMIに録音したこれらの演奏は、伝統あるブリティッシュ・モーツァルトの典型で、品格と劇性と笑いのバランスのとれた安定感あるものです。
未CD化のモーツァルト序曲集、映像でも多くあるロンドンフィルとのオペラ。
ハイティンク追悼特集の最後、オペラのハイティンクで取り上げたいと思います。


| | コメント (0)

2021年10月27日 (水)

ベルナルト・ハイティンクを偲んで ② RCO



コンセルトヘボウのハイティンク追悼のTwitter記事。

最初はヨッフムのフォローを受けつつも、27年におよぶ蜜月を築いた名コンビ。

交響曲編では、全集づくりを安定的にまかせられる、レコード会社としても、ありがたい稀有な存在としてのハイティンクを書きました。

管弦楽作品では、このコンビならでは個性が、協奏曲分野では、ソリストたちの絶大な信頼を得てました。


        (画像はいずれも拾い物です)

 シューベルト   「ロザムンデ」

 メンデルスゾーン 「真夏の夜の夢」

    A:アーフェ・フェイネス(シューベルト) 1965年

           S:ラーエ・ウッドランド 

    Ms:ヘレン・ワッツ(メンデルスゾーン) 1964年

60年代のふたつの名演。
単独での再発を予想しますが、年代を考えると録音が実によくて、ここでも安定のコンセルトヘボウ・フィリップスサウンドが聴ける。
同質性のある、ふたつの音楽。
ともに、馥郁たるロマン派の音楽の忠実な再現であります。
重厚に過ぎる面もありますが、それ以上に、いまではとうてい味わえないセピアカラーのヨーロピアンサウンドが味わえます。



  ワーグナー 管弦楽曲集

     (1974年 @コンセルトヘボウ)

10分の前奏曲に真っ向から勝負して、ひと時たりとも気の抜けたような音がなく、また神秘性も、官能も、祝祭性、崇高さも・・・
みんなありません。
楽譜がそのまま音になった感じ。
それがコンセルトヘボウという美しい織物のような摘んだ響きのオーケストラなものだから、ホールの音色と相まって、独特のユニークなワーグナーになっている。(過去の自分のblogから)
まだオペラをあまり指揮していなかった頃の録音、このあとオペラ指揮者として、急速に経験を積んでいくが、のちの数々のワーグナー録音の萌芽をここに感じます。
マイスタージンガーとトリスタンは、ここではとりわけ素晴らしい。
さらにレコード発売時、レコ芸で評価95点を得た録音がまた素晴らしい。



   ドビュッシー 管弦楽曲集

      (1976~1979 @コンセルトヘボウ)

   ラヴェル     管弦楽曲集

     (1971~1976  @コンセルトヘボウ)

ハイティンクはドビュッシーとラヴェル、ふたりのフランス人音楽を得意にして、若き日々から晩年までずっと指揮し続けました。
最初に出た、「海」と「牧神の午後」、すり減るほどに聴きました。
柔らかく、ふっくらとした音楽造りに、オーケストラのシルキーな音色、それとフィリップスの豊穣なる素晴らしき録音。
これらが相まって、フランドル調の、いくぶんくすんだ渋いドビュッシーで、ともかく美しい。
絹織の音色たちは、このコンビにしか紡ぎだせないものだった。
「夜想曲」も「映像」もいずれも素晴らしく、ジャケットも素敵なものでした。

そしてラヴェル。
61年にも録音していて、そのうちの「パヴァーヌ」は①で取り上げたアンソロジー集に入ってました。
この旧盤の復刻も期待したい。
ドビュッシーではもう少しくすんだヨーロピアン・セピアトーンを聴かせるが、ラヴェルでは、オランダのカラーとしてイメージされるオレンジ色風の明るさも加えて、落ち着きとあでやかさのバランスの兼ね合いがとても素晴らしく聴こえます。(自身のblogより転載)
小品におけるしゃれっ気も素敵で、重厚なイメージのあるこのコンビの軽やかな一面もうかがわせます。
なんども録音した、ダフニスの全曲が、コンセルトヘボウで残さなかったのが残念ですが、この曲集で自分がことさら好きなのは、「クープランの墓」と「優雅な円舞曲」「マ・メールロア」でございます。



 R・シュトラウス 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」
           交響詩「死と変容」
           アルプス交響曲

   (1973.4 、1981.12、1985.1 @コンセルトヘボウ)

70年録音の「英雄の生涯」もよい演奏で、思わぬ落ち着きと、恰幅のよさに驚く。
英雄の生涯は、ハイティンクがずっと指揮し続けた曲のひとつで、ロンドンフィルとシカゴとでも録音を残し、私もシカゴとの来演で聴きました。
でも、コンセルトヘボウでブルックナーのように再録音して欲しかった。
73年のツァラトゥストラは、あの当時、メータやカラヤンが幅を利かせていて、冒頭の数分ばかりがもてはやされた時代でもあった。
ハイティンクは、冒頭は全体の一部のような扱いで、以外にもあっさり。
聴かせ上手なゴージャスサウンドばかりが評価されていたから、当時は評価はいまいちで、いま現在の耳聴くと、いまや、こんな豊かなサウンドを聴かせるコンビはないから、こちらの方がある意味ゴージャスに聴こえる。
名コンマス、ヘルマン・クレバースのオケの一部を担っていたような存在のソロもいい。

年月を経て80年代のハイティンクとコンセルトハボウのシュトラウス。
CD初期の「死と変容」「ドン・ファン」「ティル」の3曲を収めたものは、レコードで購入したけれど、CD時代では、ツァラトゥストラとカップリングし直したものを購入。
ここでは、ドン・ファンは旧録音の71年盤に入れ替えられ、ティルは省かれた。
未取得の「ドン・キホーテ」とともに、いつかは手に入れねばと思ってる。
しかし、「死と変容」が滴り落ちるような濃密な豊穣サウンド満載で、これぞ、シュトラウスだと思わせる。
グライドボーンでオペラの指揮もするようになっていたハイティンク、モーツァルトやシュトラウスを盛んに取り上げていた。
そんな経験も上増しされ、純音楽的なアプローチに加え、豊かな歌と劇的な要素をその解釈により加味するようになり恰幅が一段と増した。
音の響きに埋もれてしまい散漫になりがちなこの曲に、一本、筋がピシリと通っている。
金管の咆哮も刺激的でなく、ティンパニの連打も耳に心地よい、録音のよさも演奏を引き立てている。



さらに名演・名録音、このコンビの最大傑作のひとつが、アルペン。
堂々たるテンポが実いい。
テンポばかりでなく、ここでも音のひとつひとつが充実してやはり密度は濃い。
このようなアルプスのごとき威容を前にして、聴くこちら側も背筋がキッチリと延びる思いだ。
標題音楽でありながら、交響曲であるというこの楽譜を信じ、正面から堂々と向き合った演奏で、全体の構成感も完璧だし、各処を見れば、登山・下山の楽しみ、スリル、絶景をそれぞれに味わわせてくれる。
ハイティンクの丹精な音楽が、この時期、コンセルトヘボウとの長年の結びつきの完成形でもって巨大な音楽芸術を築き上げたと確信したものです。
何度も言うけど、ホールの響きを豊かにとらえつつ、低音から高域まで、実に音楽的に鳴り響くフィリップスの録音がまた実に素晴らしい。
よき時代であったと、つくづくと思う。
そして、アルペンの終盤では、しみじみと回顧をすることとなりました。

ハイティンクは、アルプス交響曲をよほど得意にしていて、ロンドン響とも再録音してます。
promsでのウィーンフィルとの演奏、シカゴの定期での演奏、いずれも録音してます。

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

協奏曲の録音がやたらと多いのも、このコンビならでは。
フィリップスレーベルの看板奏者たちの協奏曲録音は、ハイティンク&コンセルトヘボウか、コリン・デイヴィスが起用されることが多かったからだけど、いろんな奏者たちから声がかかり、他のレーベルにも録音をするようになったのが80年代以降。

アシュケナーが協奏曲で共演したいのは、オーマンディとハイティンク、プレヴィンと語っていた。
奏者を重んじ、その演奏に寄り添い、そして柔軟に、完璧に付き添ってくれる指揮者として。
オペラ指揮者としても大成したハイティンクについても、あてはまることだと思うし、ある意味オペラ指揮者としては、その先の突き抜けたような独裁的な統率力のようなものがなかったこともわかります。
ちなみに、同様に協奏曲の共演で、ひっぱりだこだったのは、アバド、マリナーもそうでした。



  ベートーヴェン/ブラームス ヴァイオリン協奏曲

     Vn:ヘンリク・シェリング

      (1973.4 @コンセルトヘボウ)

シェリングの数度の両曲の録音の最充実期、最後の正規録音。
もうね、ソロもオケも立派すぎて、あたりを振り払うくらいの恰幅のよさと、音の豊かさにあふれてる。
おおらかさを感じる大人の演奏。
しかし、決して緩くなく、厳しさに裏打ちされた求道的な一途さもあり、曲の本質をとらえてやまない、シェリングとハイティンク。
あと、メンデルスゾーンとチャイコフスキー、バルトークの録音もあります。
そちらは、ロマンの息吹きがちゃんとあります。
ベートーヴェンとブラームス、コンマスのクレバースをソロにした録音もありまして、こちらはまだ未取得ですが、きっと家族風呂のような親密な演奏なんじゃないかと思ったりもしちゃってます。

ベートーヴェンとブラームスのピアノ協奏曲は、アラウとの共演がありますが、ペライアとのベートーヴェンともども、いまだ未視聴、次なる課題です。



  ブラームス ピアノ協奏曲第1番/第2番

    Pf:ウラディミール・アシュケナージ

    Pf:アルフレッド・ブレンデル

     (1973、1981 @コンセルトヘボウ)

ハイティンクにうってつけの、ブラームスの協奏曲。
コンセルトヘボウとは、こちらのふたつの音源、アシュケナージとの81年、ブレンデルとの73年の録音。
さらに、アラウと、60年代にベートーヴェンとともに録音。
ともにハイティンク向きのシンフォニックな規模の大きな作品ゆえに、文句なしの柔和かつ強靭な演奏です。
ハイティンクの個性としては、2番の方が向いてますし、ウィーンフィル・アシュケナージの演奏が最高です。



 ラフマニノフ ピアノ協奏曲 全曲

   Pf:ウラディミール・アシュケナージ

     (1984~1986 @コンセルトヘボウ)

ピアニストとしても、指揮者としてもラフマニノフすべてを録音したアシュケナージが、プレヴィンとの録音のあと、2度目の全曲録音に選んだのがハイテインクとコンセルトハボウでありました。
ハイティンクのラフマニノフはこれ以外になく、交響曲はまったく取り上げなかったが、コンセルトヘボウとのコンビから想像されるとおりの、くすんだ響きと重厚さに、豊麗なるロマンティシズムが感じられる。
重いだけでなく、しっとりと憂いも含んで、唸りをあげるかのような低弦、むせぶようなホルンが素晴らしいが、ロシア風のむせび泣きような憂愁とは異なる品のよさがあります。

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2回に分けた、コンセルトヘボウとの思い出の音盤。
声楽作品は、ブルックナーとマーラー以外は少なめ。
ネーデルランドオペラでも、ピットに両者は入っていたのでしょうか不明です。
ハイテインクにとっても、コンセルトハボウにとっても、さらにフィリップスレーベルにとっても、最も幸せな時代だったかと思います。

コンセルトヘボウには、60年代から日本人奏者がたくさん在籍してます。
一番有名なのはヴィオラ首席をつとめた波木井 賢さんで、来日したとき、映像の数々でとても目立ってましたし、ハイティンクの信頼も厚かった方です。
メンバー一覧を調べたら、現在も6人の日本人がいました。
弦が5人、そしてティンパニです!
日本の音楽ファンには、コンセルトヘボウはウィーンやベルリン、バイエルンと並んで大好きなオーケストラですね。

次回は、ロンドンフィルに行きます。



コンセルトヘボウのサイトにリンクがあったハイティンクの追悼掲示板。

わたくしも、1,029本目の蝋燭を灯しました🕯

| | コメント (4)

2021年10月24日 (日)

ベルナルト・ハイティンクを偲んで ① RCO



ベルナルト・ハイティンク(1929~2021)

2021年10月21日、ロンドンの自宅にて家族に看取られつつ逝去。

2019年に現役引退を表明し、ウィーンフィルとのブルックナーの7番を最後に、ロンドンにて穏やかな日々を過ごしていたものと思います。

わたくしのblogをご覧になっている方は、自分のフェイヴァリット指揮者として、4人の名前を何度もあげて記事を書いていることはご存知かもしれません。
クラウディオ・アバドをことさらに愛し、その次に同じくらい長く聴いてきたのが、ベルナルト・ハイティンク、そして、アンドレ・プレヴィンに、ネヴィル・マリナーの4人の指揮者です。
2014年のアバドにはじまり、2016年にマリナー、2019年にプレヴィン、そして2021年にハイティンクと、相次いで物故してしまいました。
ベームやバーンスタイン、ヤンソンスも好きですが、彼らとは違う次元で、ずっと聴いてきた指揮者たちです。

長い音楽視聴ライフのなか、じわじわと来る寂しさと空白感を味わってます。
ハイティンクが指揮してきたオーケストラやオペラハウスの追悼記事を各処見るにつけ、いかに尊敬されていた指揮者か、つくづくと思いました。

ハイティンクの経歴を以前の記事から転載します。

   1929.3.4    アムステルダム生まれ
   1954           オランダ放送フィルにて指揮者デビュー
   1957~1961       オランダ放送フィル 首席
   1961~1988   アムステルダム・コンセルトヘボウ 
                                     主席(64年から音楽監督)   
   1967~1979   ロンドン・フィル首席(芸術監督)
   1977~1988   グライドボーン音楽祭 音楽監督
   1987~2002     コヴェントガーデン歌劇場 音楽監督
   1994~2000    ECユース管 音楽監督
   2002~2005    ドレスデン・シュターツカペレ 首席指揮者
   2007~2008   シカゴ交響楽団 首席指揮者
   2019                 引退
   2021.10.21        逝去 享年92歳 
            

   常連指揮者    ボストン交響楽団 首席客演指揮者        
            ウィーン・フィル、ベルリン・フィル、ロンドン響
                                    バイエルン放送、ニューヨークフィル、
            フランス国立管、パリ管、オランダ放送フィル
            ヨーロッパ室内管、モーツァルト管
            ルツェルン祝祭管、チューリヒ歌劇場

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハイティンクといえば、わたしにはコンセルトヘボウ、追悼第一回目は、コンセルトへボウとの交響曲録音を。



ハイティンクという名前を覚えたのが、クラシック聴き始めの小学生のとき。
初レコード、ケルテスの新世界を買ってもらったときに、もらったパンフレットの一部がハイティンクのものだった。
69年のロンドン・フィルとの来日にあわせてのもの。
ブルックナーとマーラーってなんだろう、誰だろうと思ったものだし、そんな謎の作曲家のレコードばかりのハイティンクって・・・・
しかし、0番っていったい??と激しく悩んだ小中時代でした。



これを見て、ハイティンクのハイドンを聴きたくなった方もいらっしゃると思います。
CD化されてないですね。



ハイティンクの初レコードは、高校生の時に買った名演集の1枚。
74年のコンセルトヘボウとの来日記念盤だったと記憶します。
コンセルトヘボウの重厚な響きと柔らかさ、ハイティンクの堂々とした指揮ぶりが、これ1枚で楽しめました。
いろんな音楽を貪欲に吸収していた時分、ルスランとリュドミラ、運命の力、モルダウ、死の舞踏・・などなど、毎日聴きました。



  ブラームス 交響曲第3番/悲劇的序曲

         (1970.5 コンセルトヘボウ)

同じころに買ったブラームスの3番。
73年にアバドとウィーンフィルがやってきて、ブラームスとベートーヴェンの3番を演奏し、テレビで視聴し、アバドの大ファンとなった。
同時に、ブラームスの3番の魅力に取りつかれ、ハイティンクのレコードを買った。
当時は、ちょっとそっけなく、もっとこう歌わせて欲しいなんて思ったけれど、後年、CD化されたもので聴きなおしてみると、オーケストラの持ち味を生かし、弦を美しく響かせることに注力した素晴らしい演奏に思うようになり、このあと録音された、コンセルトヘボウとのブラームス全集は、かけがえのない1組となったのでした。
この全集は、ふくよかな2番が一番素晴らしい。

ハイティンクとコンセルトヘボウは、日本には4回来日している。
62年と68年がヨッフムとともに、あと、74年と77年。
77年の来日を、行こうかなと思っていたものの、大学受験とかあるしで、なんだかんだであきらめた記憶があります。
その時の演目は、先のブラームス3番、海、ベートーヴェン8番、マーラー4番などで、FM東京が放送してくれて、マーラーがたいへん高評価だったが、そのエアチェックテープは消失させてしまった・・・・・

全集魔と呼ばれたハイティンクを、体系的に集めだしたのはCD時代になってすぐに。



  ブルックナー 交響曲第8番/第9番

           (1981.5、11 @コンセルトヘボウ)

ブルックナー孤高の名作ふたつの演奏で、自分的には、ハイティンクとコンセルトヘボウの2度目の録音が最高だと思っている。
コンセルトヘボウの黄金期を築き上げたハイティンク、このコンビの最良の時期が、70~80年代半ば。
弦の幾重にも重なりあう響きの美しさ、そして低域から高域までのピラミッド構造は安定感と抜群で、作為的なものが一切なく、音楽のみが堂々とそびえたつ感がある。
オーケストラ・ホール・指揮者の個性が三位一体となって、加えてフィリップスの録音とで、最高度に造りあげられた音楽芸術。

ハイティンクとコンセルトヘボウは、このあと8番を2005年にもう一度録音したが、私には、81年盤の方がしっくりきます。
よく言われるように、コンセルトハボウは、ハイティンクからシャイーになって、変わってしまったと。
ここに聴かれるのは、家族のような絆を感じる音楽だと思うのです。

60年から72年にかけて録音された全集も、よくよく聴けば、若気の至りてきな煽りっぷりが顔を出すけれど、コンセルトハボウならでは落ち着いた音色で楽しめる随一のブルックナー全集。
緩徐楽章だけど取り出してそれぞれ聴いてみると、もうそこに感じるのはヨーロッパの景色そのもの。



  マーラー 交響曲第4番

     S:ロバータ・アレクサンダー

     (1983.10 @コンセルトハボウ)

  マーラー 交響曲第1~5、7、9番

     (1977~87年 コンセルトハボウ)

ブルックナーとともに、マーラーのスペシャリストでもあったハイティンク、早くに交響曲全集を完成させた。
実は、その1回目録音は、全部揃え切れていません。
その後の83年の4番が素晴らしい。
ハイティンクは、マーラーのなかで、4番を一番多く指揮したのではないかと思います。
マーラーの演奏に伝統のあるコンセルトハボウ、ことさら4番は、独特の風味付けがあり、ハイティンクもそれにならい、ときに濃厚な味わいを醸し出しますが、それが実によろしい。
弦は相変わらずに美しく、ビロードのごとく肌触り。
3楽章は、まさに天国的な響きに浸ることができます。
ブルックナー8番と同じように、2006年にRCO独自レーベルに再録音してますが、これまた同じように、こちらの83年の演奏に及びません。

6番と8番を除く、クリスマス当日のマチネライブがまったくもって素晴らしい。
1番のみ77年で、あとは81年から87年までの演奏。
どれも、ライブならではの感興にあふれつつ、いつものハイティンクらしく、真摯にマーラーの音楽に取り組んでいるのがわかります。
演奏時期が、88年のコンセルトヘボウ退任前までですので、このコンビの最良の姿がここに聴かれます。
音楽が、音が、響きが、ほんとうに豊かです。



 ベートーヴェン 交響曲第9番

  s:ジャネット・プライス A:ビルギット・フィニレ
  T:ホルスト・ラウベンタール Bs:マリウス・リンツラー

        (1980.10 @コンセルトヘボウ)

 シューベルト 交響曲第9番「グレイト」

        (1975.@コンセルトヘボウ)

ふたつの第9、といってもいまやシューベルトは、8番なのか。
この2枚も、わたしには思い出深い演奏。
ロンドンフィルとの全集に続いて、コンセルトヘボウでのベートーヴェンを期待していたが、こちらは全集には続かず、ライブでの単発。
CD初期に、通常4500円もしたのに、3000円という限定価格だった。
ハイティンクのライブ録音は、これが初ではなかったかな?
大編成で堂々と演奏されるこの第9、唯一の不満は、立派すぎることだった。
そのあとの、コンセルトハボウとのベートーヴェン全集は、それこそ、このコンビの集大成のような理想的なキリっとした名演ばかり。
ジャケットが、コンセルトヘボウのホール外観だったのも実によかった。
それもそのはずで、コンセルトヘボウ創立100年の記念の全集でもあり、ハイティンクとコンセルトハボウとの結びつき、音楽監督としての最後の大輪の花だった。

香り高いシューベルトは、このコンビの真骨頂。
無為無策のように何もせずして、音楽的、まるで、スルメのように噛めば噛むほど味わいが増す音楽であり演奏。
ハイティンク向けのこの曲だけれど、このコンセルトヘボウ録音以外に再録音はしませんでした。
手持ちにはベルリンフィルとのライブエアチェックがありますが、こちらの方がずっとステキだ。



      シューマン 交響曲全集

     (1981~84 @コンセルトヘボウ)

これもまた、ハイティンクとコンセルトヘボウにぴったりの音楽で、すぐさま全集となりました。
木質の音楽、馥郁たる河の流れ。
シューマンの音楽が、こんなに豊かで、隙間なく音であふれているなんて。
これを聴いてしまうと、バーンスタインやエッシェンバッハのシューマンは疲れてしまう。
そしてフィリップスの録音が素晴らしい。
さらに、このジャケットが素晴らしい。
これにデッカのマークは似合わない。



  チャイコフスキー 1812年、スラヴ行進曲、フランチェスカ・ダ・リミニ

          (1972.8 @コンセルトヘボウ)

  チャイコフスキー 交響曲全集

          (1974~79 @コンセルトヘボウ)

アナログ期の最高のチャイコフスキーを産み出したのは、ハイティンクとコンセルトヘボウ。
1812年の自分にとっての初レコードがこれで、荘厳かつ神々しい純音楽的な1812年。
録音も最高だ!
さらに、スラヴ行進曲も堂々たるもので、この演奏で、この曲の素晴らしさに目覚めたフランチェスカも実にいい。
志鳥栄八郎さんが、ハイテインクはチャイコフスキーを録音するようになったら売れる、と書いておられた。
4番と6番は再録音となりましたが、それらはさらにスケールアップし、全集の手始めとなった5番なんて、とんでもなく美しく、そして堂々とした、自分にとっての超名演であります。
1~3番も、録音とともに最高。
大好きな1番は、いつまでもずっとずっと聴いていたい。
あとマンフレッドまで、ご丁寧に録音してくれましたが、バイロンの荒唐無稽な大叙事詩を、豊穣なサウンドと木目調な響きでもって、刺激臭なく、鮮やかに聴かせてくれてる。
ロシア系の演奏と対局にある、ヨーロピアン・チャイコフスキーの最高峰的演奏と思う。



 ショスタコーヴィチ 交響曲第8番/第13番「バビ・ヤール」

    Br:マリウス・リンツラー(13番)

      (1982、84 @コンセルトヘボウ)

フィリップス以外のレーベルにハイテインクが録音したのは、デッカへのウィーンフィルとの幻想交響曲。
そして、アナログ末期からデジタル期をまたがるように、ショスタコーヴィチの交響曲をデッカに録音するようになり、ついに全集を完成させました。
ロンドン・フィルと始めた録音は、途中からコンセルトヘボウに切り替え、コンセルトハボウとは、5、6、8、11~14番の7曲を録音。
この全集を目指した録音が始まったとき、私は驚きました。
なんたって、独墺系の大家というイメージが定着していて、チャイコフスキーはともかく、ショスタコーヴィチに取り組むなんて!
77年の10番から始まり、最後は84年の13番。

この頃から、ポスト・マーラーという言葉がささやかれはじめた。
ブルックナーとマーラーの次に来るのは?
その答えのひとつがショスタコーヴィチで、ハイテインクは、ショスタコーヴィチがソ連でおかれた境遇や環境などを踏まえながらも、シンフォニストとして、真正面から楽譜優先でとらえた純音楽的な解釈でもって全集録音を残した。
この姿勢は、ショスタコーヴィチの演奏のひとつの模範解答のようなもので、そのあと続いたインバルやヤンソンスもそうした傾向を踏まえたものだと思っている。

8番は、ハイティンクがショスタコーヴィチの交響曲のなかで、一番数多く指揮してる作品。
曲の持つ深刻さを引き出しつつ、この作品が保ってる交響曲的なかっちりした構成感をみごとに表出してる。
暴力性は少なめ、すべてが正確だけど、マーラーに近い、パッチワーク的なサウンドもきっちり聴かせてくれる。
正規音源はこれひとつだけど、エアチェック・ネットチェックを集めたら、ドレスデン、ボストン響、ロンドン響の演奏もアーカイブできました。
13番のコラージュのような、いろんな心情をまぜこぜにした死や恐怖を背景にした作品でも、ハイティンクは堂々と向き合い、深刻さよりも、譜面に書かれた音楽の忠実な再現に徹している。
結果、その音楽が自ら語りだし、聴き手の想像力を高めるような、押しつけがましさのない、作品本来の姿を見せてくれる演奏となっている。
 ハイティンクのすごさは、こうしたところだとうと思う。



ハイテインクとコンセルトハボウ、次は、管弦楽曲と協奏曲篇です。

長い特集となりそうです。

ベルナルト・ハイティンクさんの魂が、安らかなること、お祈りいたします。

| | コメント (4)

2021年10月22日 (金)

さようなら、ハイティンク



ベルナルト・ハイティンクが亡くなりました。

10月21日、ロンドンにて、92歳でした。

悲しみの連鎖・・・・

本日は、ブルックナーの7番の2楽章のみを聴いて、ハイテインクさんを偲びたいと思います。



  ベルナルト・ハイティンク指揮

   アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

     (1978.10 @アムステルダム)

アナログ録音末期、ハイティンクとコンセルトヘボウが、同質的に結びついていた一番、幸せな時期。

ビロードのような馥郁たるコンセルトヘボウ・サウンドが、今日は涙に濡れて聴こえる・・・・・

ハイテインクさんの魂が、安らかならんことをお祈り申し上げます。

週末は、追悼記事を起こそうかと思います。

| | コメント (11)

2021年10月19日 (火)

エディタ・グルベローヴァを偲んで



 エディタ・グルベローヴァが亡くなりました。

2021年10月18日、チューリヒにて、享年74歳の早すぎる死。

とても寂しい。

今朝はやく、訃報を知り、自分の音源の中から、ベルカントの女王と呼ばれた彼女の歌をいくつか聴き、偲びました。

上のニュースは、グルベローヴァが2019年に引退の舞台に選んだ劇場のある、バイエルン放送局の訃報。

下は、同じく、長らく活躍したウィーンのオーストリア放送局のもの。



わたしは、残念ながら、その舞台に接することができませんでした。

日本の歌劇団にもよく来日してましたが、残念だったのは、1980年のウィーン国立歌劇場の来演での、「ナクソスのアリアドネ」を逃したこと。
ベームの指揮もさることながら、グルベローヴァのツェルビネッタ、ヤノヴィッツのアリアドネに、キングのバッカスという、錚々たる顔ぶれ。
わたしは、就職の前年で、オペラ観劇なんて状況ではなかった・・・・
 しかし、NHKで放送された音源は、いまでもちゃんと持ってます。



だから、わたしには最高のツェルビネッタは、グルベローヴァ。



ザルツブルク音楽祭でのサヴァリッシュの音盤は、さらに完璧な歌唱。
唖然とするくらいのテクニックで、やすやすと転がるように歌うグルベローヴァだけど、感性豊かで、無機的になることなく、暖かな歌唱でどこまでも美しく、聴く人に安らぎとある意味、快感さえ与えることになる。



あとは、なんといっても、グルベローヴァの名前を高めることになった、夜の女王。

決して悪い女王と思えなかった、愛情もありつつ、苦しむような女王を歌った。



手持ちのグルベローヴァの音源の一部。
マリア・テュアルダ、ミュンヘンでの最後の演目、ロベルト・デヴリュー、清教徒、狂乱の場、モーツァルト、ハイライト集。

いずれゆっくり聴きたいけれど、R=コルサコフや、こうもりのチャールダシュなど、エキゾチックな役柄も抜群にうまかったし、ステキにすぎる。

大至急に書いてしまった記事ですが、グルベローヴァの死に、一刻も早く、彼女の声が聴きたかったから・・・・・


                                                       (Winer Staastoper)

エディタ・グルベローヴァさんの魂が安らかならんこと、お祈りいたします。

(1946.12.22~2021.10.18)

| | コメント (6)

2021年10月10日 (日)

バックス 交響的変奏曲 フィンガーハット



賞味期限切れたけど、今年の彼岸花

9月20日のものですが、その1週間前には影もかたちもなかった。

突然、ぐわーっと咲いて、すぐに枯れてしまうのも彼岸花、またの名を曼殊沙華。



美しいけど、怪しいね、彼岸花。

イギリスにもあるのかな?

アーノルド・バックス(1883~1953)の協奏曲的作品を。

少しの暑さも感じる初秋にふさわしい音楽。



  バックス ピアノとオーケストラのための交響的変奏曲

      Pf:マーガレット・フィンガーハット

   ブライデン・トムソン指揮 ロンドン・フィルハーモニック管弦楽団

    (1987.1.7,8 @オール・セインツ教会、トゥーティング、ロンドン)

バックス中期の名作。
心臓の病持ちであったバックスは、第1次大戦に召集されず、その間、多くの交響詩やヴァイオリンやヴィオラのソナタなどを作曲。
こうした作曲活動のなか、バックスの人生に大きな転換期を告げる、出会いがあった。
妻と子がありながら、ピアニストのハリエット・コーエンと恋に落ち、彼女との関係は生涯続くこととなる。
最初は、いわゆる浮気、やがてその関係が強い友情となり、やがて切り離せない音楽パートナーとなる二人の関係。
バックスのピアノとオーケストラのための作品は5曲あり、いずれもコーエンを念頭に書かれてます。
1948年には、グラスで怪我をしてしまい、右手でピアノが弾けなくなった彼女のために、バックスは左手のための協奏曲を残してます。
 ちなみに、イケメン、バックス、1920年代半ば、コーエンとの関係のほかに、もうひとり、若いメアリー・グリーブスという愛人もできて、彼女はバックスが亡くなるまで尽くしたという。

こんな恋多き、ロマンス多しバックスの交響的変奏曲は、コーエンとの愛の産物のような存在なのですが、その夢幻かつ神秘的な雰囲気からは、甘味な恋愛感情のようなものは感じられない。
1916年より作曲を開始、ピアノ版は1917年に完成、1919年にオーケストレーションを済ませ、1920年に、コーエンのピアノ、ヘンリー・ウッドの指揮により初演。
しかし、スコアは刊行されず、第2次大戦で損傷を負ったりもして、1962年にスコアは復元されされ蘇演。
1970年に、ハットーのピアノとハンドレーの指揮で録音され、これがしばらく唯一の録音だった。
シャンドスのバックス・シリーズを担ったB・トムソンの指揮による1枚が今宵のCD。

ふたつの部分からなり、6つの変奏と1つの間奏曲からなる50分の大曲。

  第1部
   ①テーマ
   ②変奏曲Ⅰ 若者
   ③変奏曲Ⅱ 夜想曲
   ④変奏曲Ⅲ 闘争
  第2部
   ①変奏曲Ⅳ 寺院
   ②変奏曲Ⅴ 遊戯
   ③間奏曲  魔法
   ④変奏曲Ⅵ 勝利

それぞれの変奏曲にはタイトルがついているけど、それと音楽の曲調とマッチングさせて聴く必要もないように思う。
朗々として、そしてかつミステリアス、ケルト臭ただよう、スモーキーフレーバーのようないつものバックスサウンドに身をゆだねて聴くに限る。
バックス研究家は、この作品が、ケルトから北欧へのバックスの志向のターニングポイントになっているとします。

冒頭の主題からして、郷愁さそうバックスサウンド。
オケが懐かしそうなテーマを奏でると、そのあとから、詩的なピアノがアルペッジョで入ってくる。
この雰囲気ゆたかな出だしを聴いただけで、この作品のエッセンスは味わえるものと思う。

1910年に書かれた第1番のヴァイオリン・ソナタから引用も変奏曲のなかにはあります。
このソナタもメロディアスで懐かしい雰囲気なのですが、ピアノと響きあふれるオーケストラで聴くと極めてステキな様相を呈します。
ソナタの冒頭には、イェーツの詩の一部が書かれている。
「A pity beyond all telling is
       Hid in the heart of love」
それと、1916年に書かれた歌曲「別れ」からの引用もあるようで、そちらの曲は、まだ聴いたことがありません。

年代を考えると、古風なバックスの音楽スタイルですが、ともかく美しく、懐かしい。
フィンガーハットの詩情あふれるピアノと、バックスの伝道師、シャープな音楽造りのブライデン・トムソンの指揮が素晴らしい。

バックスの7つの交響曲は、この作品のあとから作曲が始まります。
オペラ以外のジャンルにすべてその作品を残したバックス。
シャンドスレーベルのシリーズは、だいたい揃えました。
DGやEMIなどのメジャーや、メジャー演奏家が決して取り上げない、そんなバックスが好きであります。



暑さ寒さも彼岸まで、なんてのは今年に限りあてはまらない。

| | コメント (0)

2021年9月25日 (土)

マーラー 交響曲第10番



日はたってしまいましたが、9月9日は「重陽の節句」で、旧暦でいくと10月の半ば、その頃の旬のお花は「菊」。
5つあるお節句の最後にあるための行事で、この菊が使われたとのこと。
菊は、邪気を払い、長寿の効能があるとされたところから、重陽の節句でも邪気退散と長寿の願いを込めるとされているのだそうです。



この日の東京タワーも、6色のカラーで、重陽の節句を祝うライトアップがなされました。

おりからの曇天。

低い雲に、タワーのてっぺんのオレンジ色の光が反映して、とても幻想的なのでした。

マーラー10番、自分のなかで、より理解を深めるため、たくさん聴き、自分のためにもまとめてみました。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベルクの「ルル」は、1935年のベルクの死により未完なり、残された3幕は、未亡人の反対を無視するように、密かに補筆完成され1979年に初演された。
その24年前の1911年、マーラーは10番の交響曲の総譜をスケッチ状態でをあらかた残しながら、51歳で亡くなる。
マーラーはアルマに、残したスコアを焼却処分するように言い残したとされますが、アルマはそうはせずに保有した。
このアルマの判断に、われわれ後世の愛好家はどれだけ感謝すればいいんだろう。

1924年、全楽章の自筆資料が出版。

アルマは、クルシェネクに補筆完成を依頼し、1楽章と3楽章だけが完成。

アメリカ人のカーペンターが1949年に全曲を完成、その後6稿まで修正を重ねる。

イギリス人ジョー・フィーラーは、1955年に補筆完成、さらに4稿まで進め、没したあとも第3者が新稿を96年まで手を加える。

イギリスの音楽学者、デリック・クックが、マーラー100年に向けた小冊子作製と10番のお試し演奏的なものにむけた補筆をBBCから1959年に依頼を受ける。
ゴルトシュミットの助けを受け着手してみると、全曲の補筆が可能とわかり、この際全編完成させることとなった。
1,3,5楽章を全曲、2,4楽章は欠落があったので解説でつなぎ、BBCでフィルハーモニーア管の演奏で放送。
しかし、お試しで始めた経緯もあり、存命だったアルマの了解は取っておらず、アルマは再度の演奏を禁じる差し止めを行う。
クックは継続して欠落部を完成させ、1963年指揮者ハロルド・バーンズらが、ニューヨークに住むアルマのもとへ、BBCで放送されたテープと完成された版を持って訪問。
これを聴いたアルマは感激し、さらに終楽章をもう一度聴いて、素晴らしいと感嘆したという。
晴れてアルマの諸諾を得たクックは、全曲演奏可能な第2稿を完成させ、1964年ゴルトシュミット指揮ロンドン響で世界初演。
アルマは、その年の12月に亡くなります。
さらに1972年、クックは第3稿を完成させ、モリス指揮ニューフィルハーモニア管でレコーディングもされた。
クックは1976年に没するが、ゴルトシュミット、コリン・マシューズ、デヴィット・マシューズの3人が、1989年にクックの意匠を受け継ぎ修正を加え第3稿第2版を完成させ、いまのところ、この版が10番のスタンダードともなっている。

クックの初版を聴いて、大いに関心を抱いたアメリカの音楽学者レモ・マゼッティは、一時カーペンターにも協力していたが、喧嘩して自身の手で86年にマゼッティ版を完成。89年に初演、さらにその後マゼッティ第2版が出る。

2000年、ブルックナーの9番を補筆完成させた、二コラ・サマーレとジュセッペ・マッツーカの二人による版が完成。

⑦カステレッティによる室内オケ版、若いユダヤ系指揮者ヨエル・ガムゾウ版など、まだまだ新しい版が出てくる状況。

今回、全部は揃え、聴くことはできなかったけれど、作者亡くなって110年、こうしてまだ新しく耳に響く版が登場する可能性のある曲、なんて夢があるんでしょう。
それもこれも、原曲のマーラーの筆が素晴らしいからです。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1907年末、ウィーン国立歌劇場を追われ、ニューヨークへ出向き、メトロポリタン歌劇場で活動するようになる。
このとき、千人交響曲も完成するが、この滞在中にマーラーは、忘れえぬ体験をする。
火事で殉職した英雄的な消防士の葬列を、ホテルの高層階の窓から見聞きすることとなった。
軍人などへの弔意は、空砲を打って示す場合があるが、ニューヨークの街中では、それはできず、大太鼓に布をかけて鳴らした。
それを見て、聴いたマーラーは涙したそうだ。
アルマの著作によると、「消音を施したドラムの短い響きの印象はマーラーの心に焼き付いて、のちの10番の交響曲に使われることとなった」とされます。
4楽章の最後と、5楽章の冒頭での大太鼓の一撃。
補筆完成版が、前述のとおりまとめてはみたものの、いまだによく把握できてないワタクシですが、太鼓を省略したり、太鼓のたたき方も版によってそれぞれ。
漫然といつも聴いてしまう自分なので、版による違いなんて、ここに詳細は説明できませんです。

消防士追悼の太鼓を聴いたのが1908年2月、春・夏はヨーロッパで「大地の歌」を作曲、秋・冬はアメリカのシーズンでオペラとニューヨークフィル。
翌1909年の夏には、トプラッハで第9交響曲をだいたい仕上げ、秋にニューヨークで完成。
こんな風に、半年交代でヨーロッパとアメリカを行き来し、忙しい指揮活動と作曲活動を併行していた。
1910年夏、同じようにトプラッハで10番の作曲を始め、9月には千人交響曲の初演の指揮を行い大成功。
その年の夏に、10番の作曲に挑んでいた頃、アルマは建築家グロピウスに出会っていた。
グロピウスはアルマに求愛し、マーラーのもとに帰っていたアルマを追ってやってくる。
二人の関係を悩み苦しんでいたマーラーは、多忙もたたり体調もすぐれず、フロイトの診断を受けたりで心労は多大であったろう。
10番の完成はそのままに、アメリカに戻り、ニューヨークフィルとの演奏に埋没するが、1911年2月敗血症により倒れ、4月にパリを経由してウィーンに帰宅。
5月18日死去。

今回、こうしてマーラーの最後の4年ぐらいを紐解いていて、悲しくなりました。
全霊を込めて作曲し、指揮をし、そして妻を愛したマーラー。
第三者の手を経たとはいえ、マーラーがこんな風に完成させたと思われる10番が、ほんとに愛おしく思えます。

最近聴いた2枚のクック第3稿第2版によるアメリカの演奏をメインに取り上げてみました。



  マーラー 交響曲第10番 嬰ヘ長調(クック第3稿第2版)

    オスモ・ヴァンスカ指揮 ミネソタ管弦楽団

          (2019.6 @オーケストラホール、ミネアポリス)

シベリウスの専門家みたいに思ってたヴァンスカさん、ミネソタ管とマーラーシリーズに取り組んでおられた。
不覚にも、この10番が初ヴァンスカ・マーラーでありました。
これが実によろしい。
構えることなく、自然体で、9番のあとにくる10番としてのマーラー作品を、誠実に、全身全霊でもって取り組んでいるのがわかる。
ミネソタ管の労使対立にともなう楽員解雇問題で、辞任して身を挺して抗議したヴァンスカさん、問題決着後、再びミネアポリスに戻り、楽員との結びつきを強めた。
そんな指揮者とオーケストラの信頼の証のような、隙のない緻密かつ、美しい演奏。
手の内に入ったシベリウスの演奏と同じように、シベリウスとはまったく違う音楽のマーラーの語法を完全に納め、音の隅々まで目を光らせ、すべてが効果的に機能している感じで、クック版の代表的な演奏として、いやマーラーの思った10番の姿として万全なものだと思う。
4楽章の最後にちゃんと大太鼓あり、録音も極上でズシンとよく響いてくれる。
(太鼓の音はレヴァインが一番好きだったりします)
ヴァンスカさん、来年の任期でミネソタ管を去るようで、ソウルのオケも兼任中なのでどうなりますか。



  マーラー 交響曲第10番 嬰ヘ長調(クック第3稿第2版)

   トーマス・ダウスゴー指揮 シアトル交響楽団

      (2015.11.19~22 @ベロニア・ホール、シアトル)

デンマーク出身のダウスゴーにはまり中。
集中して集めてます、シューベルト全曲に、ブラームスにブルックナー、チャイコフスキーにドヴォルザーク、ワーグナーにシュトラウス、そして同郷のランゴーなど。
BBCスコテッシュの指揮者も務めているので、BBCでの放送も多く、かなり録音して聴いてきたし、2019年の同響との来日では5番の交響曲を聴くことができた。
いつものとおり、速いテンポをとり、ずばずばと切り込みつつ、情念的なマーラーとは一線を画した清冽かつ明快な演奏。
細部への目の通し方も配慮が行きとどいているのもダウスゴーならではで、透明感あふれるなかに、抒情的な場面を見事に引き立てる。
終楽章の最後のカタストロフィのあと、静寂ななかに淡々とあの美しいフルートで奏でられた旋律が流れ、じわじわと感銘が忍び込んでくる。
そして愛の叫びのような弦のユニゾンに思い切り落涙することとなる。
この透徹した演奏の先に、新ウィーン楽派たちの音楽を見ることも・・・・・
こちらも録音がよろしく、シアトル響のCDはすべて高音質優秀録音で、容赦ない大太鼓がドカンときます。
個人的にダウスゴー盤がいまは一番好き。



・レヴァインはフィラデルフィア管ととんでもなく美しい10番を残してくれた。
いい時期に録音してくれたものです(78、80年クック第3稿1版)

・ラトルは録音がイマイチなベルリンフィルより、若武者ぶりがたくましいボーンマス響の方がいい。
4楽章最後の太鼓はなしだが、カッティングのせいか、5楽章頭にきてる。(クック3稿1版)
ラトルには、バイエルンで再度、ついでにマーラー全曲もやってほしい。

・ザンデルリンクは東ドイツ時代の太くてたくましい演奏だが、独自の解釈もあり、いまでも新しい風が吹いてる感じ。(クック3稿1版)

・インバルは、都響のものは未聴で聴いてみたい。92年録音は以外と無難な感じなので(クック3稿1版)

・ハーディング&ウィーンフィル、この曲の決定的な名演だし、この演奏で私も10番に目覚めた。
ウィーンのオケなところも魅力で、スタイリッシュなハーディングの指揮にもその音色がぴったり(クック3稿2版)

・セガン盤は、気ごころしれたモントリオールの仲間たちと、美にこだわったような演奏。
いろいろ聞いたけど、ちょっとカジュアルに、そしてビューテフルに過ぎるかとも思うようになった(クック3稿2版)



セガン氏は、長く務めたロッテルダムフィルで、自分の好きなレパートリーを多く取り上げ、DGからアンソロジー的な一組を出しました。
この10番を始め、ブルックナー8番、ショスタコ4番など、重量級の演目。
モントリオールが2014年、こちらのロッテルダムが2016年だが、あまり演奏は変わらない感じ。
わかりやすい音楽を作るセガンらしく、10番の最大公約数的な演奏だけど、ロッテルダムは、映像でも視聴出来て、没頭して指揮する姿やオケの前向きな姿勢などを見ながら聴くとまた違った印象を受けます。



セガン氏、10番がよっぽど得意なようで、ロッテルダムの翌年、今度はバイエルン放送響で取り上げました。
前半がエーベルレのヴァイオリンでベルク、後半がマーラーです。
こちらは映像で視聴してますが、やはりミュンヘンのオーケストラは素晴らしく、これまでのセガンの演奏の数倍オケが力を与えてます。
オケの優れた機能性を得て、表情豊かにヴィヴィッドな演奏を繰り広げていて、全体に明るさと、暗さと、虚無感、寂寥感、いずれのいろんな感情を披歴してくれるように感じます。
フィラデルフィアでも10番を演奏しているようなので、いずれの日にか、もっとさらに熟した録音を残して欲しいものです。



クック版を選択しなかった指揮者たちによる演奏。
もうね、こんだけあると、まとめて聴いてもなにがなんだかわからない。
10番漬けの日々から解放されたいので端折ります。

・賑やかでお笑いも含むとされるカーペンター版は未聴。

フィーラー版、オルソン指揮のポーランド放送オケがちゃんと入手できる唯一の存在。
打楽器がいろんなところに(1楽章さえ)顔を出し、戸惑いは隠せないが、存外にマーラーっぽくて、大地の歌と第9の流れに存在する音楽と感じさせる。

・マゼッティ版の第1版は、スラトキンの指揮。
打楽器による補強が多々あり、薄いとされるクック版を分厚さで補った感じだけど、賑々しさも伴うことに。
スラトキン自身の解説による各版の違いの演奏付き解説など、これはとてもありがたい。
セントルイス響が一番うまかった時期の録音(94年)

・マゼッティ版第2版のロペス・コボス&シンシナティ響は2000年の録音。
打楽器の多用を抑制し、こちらはかなり落ち着いた感じになった。
最期のカタストロフィで思い切りシンバル叩き、最後の盛り上がりでもドロドロと太鼓が鳴る、そんな1版より、効果を損ねるものは抑制され、すっきりした感じだ。これは好きかも。
初のリング通し体験をさせてくれたロペス・コボスも、いまは故人となった。
シンシナティ時代のブルックナーやマーラーを聴き返したいと思ってる。
わたしのワーグナー体験の恩人のひとりだ。
そんなことを思い、ラストシーンを聴いてたら泣けてきた、コルンゴルトみたいな感じ。

・サマーレ&マッツーカ版によるジークハルトとアーネムフィルの演奏。
なんたって録音が優秀、でも版はクック版をベースにして、重層化した感じにとどまるかな。
マーラー風と最初は思ってたけど、でも、今回、数回聴いてこれもありだなと思うようになった。
このあたり、演奏の練度によって将来変わってくると思うが、しかし、世の中はクック3-2が主流になっていくんだろうな・・・・

・と思っていたら、出てきたガムゾウ君。
イスラエル出身の若手指揮者で、今年まだ32歳。
23歳のときに、10番のガムゾウ版を作り上げ、2010年に初演。
CDは持ってないけど、2019年8月のブレーメン・フィルとの演奏をドイツ放送のネット放送で録音しました。
こりゃ驚きました。
トランペットソロが、まるでジャジーな吹き方をしてびっくり。
ニューヨークでマーラーはジャズを聴いたのか。。。と思わせるほど。
でも、全体にお遊びは少なめで、かなり真摯なマーラーが出来上がっていて、きっと少年時代からマーラーを聴き、心酔し、一体化してしまったであろうほどの堂に入った補筆稿であると思うし、のめりこんだような熱く夢中の演奏なのだ。
youtubeにガムゾウ氏がカッセルのオケを指揮した10番があがってます。
カメラワークが最悪で、譜面を持たない(読めない?)カメラマンだと思われ、かなりイライラ感が募りますが、若いガムゾウ君の指揮姿が面白い。
汗だくで、ショルダーベルトをしないものだから、白シャツがズボンから丸々出ちゃってる。
見ていて、マーラーもさもあらんと思い、ガムゾウ君の思いが伝わります。
有能な指揮者でもあったマーラーは、指揮者としての作曲家だったので、ガムゾウの見た10番も、今後進化しそうで楽しみです。
 最近のウィーン交響楽団との共演もあり、コロナ禍のこちらはネット配信用のもので、「魔弾の射手」とコルンゴルトの交響曲(緩徐楽章のみ)が視聴できます。
ポロシャツなので、さすがに大丈夫ですが彼の音楽の志向がわかるというものです。



この思い出深い1枚も大切です。
金聖響さんが、神奈川フィルの常任指揮者だったとき、マーラーチクルスを敢行し、これは全部聴きましたが、オーケストラにとっても団結と成長の礎となったのでした。
財団法人の見直しにより、多くの債務を抱え存続の危機に見舞われた時期にあたりました。
基金を設立し、オーケストラも、われわれ聴き手も毎月、祈るように存続を願いつつ聖響&神奈川フィルのマーラーを聴いたものでした。
併行していろんなことがあったけれど、音楽面における聖響さんとマーラー、そして神奈川フィルのマーラーへの相性は抜群で、そのラストひとつ前を飾る10番クック版の演奏会に、わたくしは、嗚咽するほどに感動の涙を流しました。
2013年2月です。
2014年には楽団存続が決定し安堵しましたが、不安ななかに、希望を見出すようにして聴いた10番のライブが、日本人演奏として初めてCD化され、あの日の感動の縁を手元に残すことができてほんとうに嬉しいのです。
演奏も集中力を切らさない、緊張と力に溢れたもので、あわせて愛にも満ちてます。



マーラー10番、次はどんな演奏、いやどんな版が出てくるのか?
時代や、いまをめぐる世界の在り方で、マーラーの音楽の感じ方も変化すると思う。
ブルックナーやブラームスでは、そうしたことは起こりえないとも思う。
ワーグナーは演出が付随するので比較が違う。
だが純音楽であるシンフォニストとしてのマーラーは、その音楽に人間の感情や情緒あって、そのうえで交響曲がある。
だからきっと、これからも、われわれの共感をともにするマーラー演奏はあらわれ、進化していくものと思う。

もっとずっと生きて、元気でマーラーを聴いていきたいと思った。

| | コメント (9)

«ベルク 「ルル」 二期会公演